夏は体を冷やすヨガの呼吸法で体の中からリフレッシュを目指せ!

夏は体を冷やすヨガの呼吸法で体の中からリフレッシュを目指せ!

暑い夏は冷房に頼らず、自分で自分を冷やす呼吸法をやってみよう!

呼吸法で体をスッキリ?冷房に頼らず夏の体を冷やす裏技とは?

暑い夏がやってきました。
どんなに冷房がよくないとわかっていても、冷房がなくては耐えられない程の暑さの最近の夏。
加えて湿度の高い日本の夏は体からやる気を失わせ、スッキリとしない、だらっとした1日を過ごしがちです。
そこで自分で自分の体を冷やす、ヨガの呼吸法をご紹介します。

夏にぴったりの呼吸法!シータリー

ヨガが生まれたインドは、みなさんもご存知の通り、日本よりも暑くなりやすい国。
「体を温める」ことばかりがフォーカスされる昨今ですが、暑い夏の時期に体が熱を持ちすぎてしまうのは体にとっては居心地の悪い不健康な状態です。(体が火照っている状態)
そこでそんな体を冷やすために生まれたのがシータリー呼吸です。
シータリーとは、「体を冷やす」「冷却する」なんて意味のある言葉。
その名の通り、体を冷やすことにより、心身の気を沈めて、体をリラックス状態に持って行くことができます。
例えば、イライラしたり、焦った気持ちになって「頭に血が上った」時にもオススメです。
内臓面では、血液を浄化してくれ、消化力の強化なんかにも繋がり、夏バテした体にもぴったりです。

シータリー呼吸法をやってみよう!

夏は体を冷やすヨガの呼吸法で体の中からリフレッシュを目指せ!
呼吸法はどんな時でも、どんな場所でもできるのがメリット。
今すぐやってみましょう!
1. 上半身の力を抜いた、落ち着いた状態になります。
2. 舌を丸めて口から出して、舌をストロー代わりにしながら空気をゆっくりと吸い込みます。
3. 肺全体に冷たい空気が充満していくのを感じましょう。
4. 舌を戻し、鼻からゆっくり吐いていきます。

1~4を気持ちが落ち着くまでゆっくりと繰りしましょう。

呼吸法は自分で自分をコントロールする手段!環境や感情に振り回されない落ち着いた女性の大切な方法

人間ですから、暑くて嫌になったり、イライラしてしまったりなんてこともあります。
それを元から無くすのは難しくても、そんな自分に対してどんな対処をしてあげると良いのか?がわかっているのが大人の女性。
今年の夏は日常にうまく呼吸法を組み入れる、という美BEAUTE世代だからこそのとっておきの方法、身につけませんか?
関連キーワード

関連記事