満月の日は太りやすい?月のリズムとダイエット効果

満月の日は太りやすい?月のリズムとダイエット効果

太陽は日光浴などの健康法が取り上げられていますが、月はどんな効果があるのでしょうか?

月のリズムとダイエットのタイミング

月の満ち欠けのリズムを利用した「ムーンダイエット」をご存知でしょうか?
月は、新月からはじまり上弦の月、満月と、月が満ちていく期間が約14日、満月から下弦の月、新月と月が欠けていく期間が約14日。合計で約28日周期で満ち欠けを繰り返しています。
それぞれの時期にあった過ごし方を意識することで、ダイエットを行うのに適したタイミングも見えてきます。

月と体の関係

【新月】
『浄化』と『解毒』の作用があるといわれています。毒素を分解して外に排出するデトックスの効果が最も高まる時です。
集中力が高まり、カンが冴える時期でもあるので、ダイエットの計画を立てたり、悪い習慣や関係を断ち切るタイミングとしても適しています。

【上弦の月】
集中力が欠ける時なので、ケアレスミスに注意しましょう。その反面、神経が休まり、気持ちが落ち着く時期でもあります。
代謝が落ちやすくなっているので、筋力トレーニングを心がけましょう。

【満月】
栄養や水分を蓄えようと、吸収する働きが強まる時期です。普段より栄養分を吸収しやすくなっているので、暴飲暴食に注意しましょう。

【下弦の月】
満月で吸収した毒素を排出させる作用がある時期です。満月が過ぎたことで、放出の力が徐々に高まり、発汗、発散、解毒作用などの形になってあらわれます。

以上のことから、ムーンダイエットは新月から満月に向かう時期からスタートさせるのがベター。
月のリズムを意識して、ダイエットの効率をアップさせましょう!
月のリズムとダイエットの関係とは?
関連キーワード

関連記事