ドカ食い、体重急増…リバウンドを招くダイエット4つの特徴

ドカ食い、体重急増…リバウンドを招くダイエット4つの特徴

ダイエットが成功しても、リバウンドしてしまえば意味がありませんよね。今回はリバウンドを招いてしまうダイエット4つの特徴をご紹介します!

1.我慢を強いるダイエット:過食でリバウンド

我慢し過ぎると…?
ダイエット中は「甘い物はダメ」「お肉はダメ」と、多少の我慢をすることになります。それ自体は悪いことではありませんが、食べ物への執着が強くなってしまうほど我慢を重ねるのは危険です。
「○kg痩せたらケーキを食べよう」というように、ご褒美を目標に頑張るのも有効な方法かもしれません。しかし、多くの人がダイエット成功後に過食に走ってリバウンドしているのが現実です。
こうしたことが起きないように、たまには自分の好物を楽しむことも大切ですね。

2.筋肉が落ちるダイエット:基礎代謝低下でリバウンド

運動せずにカロリー計算のみで痩せた場合、脂肪だけではなく筋肉も落ちてしまうことがほとんどです。これも、リバウンドを招く要因の1つ。
筋肉量が減ると身体の基礎代謝が低下してしまい、痩せにくく太りやすい体質になってしまいます。ドカ食いはしていないのになぜかリバウンドしてしまう…という人にありがちなケースです。

3.超低カロリーダイエット:脂肪の備蓄でリバウンド

「1日500kcalしか食べない!」といった極端にカロリーを減らすダイエットをすると、リバウンドの可能性がグッと高まります。
摂取カロリーが大幅に減ると、体内では「飢饉発生!」と非常事態宣言が出されます。そして、次に摂取した食べ物を脂肪として蓄えておこうとするのです。低カロリー生活中はそれでも痩せていきますが、普段の食事量に戻ったとたん、恐ろしいスピードで脂肪が増えていくことになってしまいます!

4.短期集中ダイエット:身体のSOSでリバウンド

ハイスピードで体重が落ちていくと、またもや「飢饉発生!」という非常事態宣言が体内に出されます。そして、より脂肪を蓄えやすく、太りやすくなるというわけです。
最終的に同じ重さを減らすとしても、急激に減らすのはNGです。1ヶ月2~3kg程度を目安に、コツコツ減らしていくのが理想的です。

関連記事