夏のスキンケア!美肌のためには○○に気をつけるべき!?

夏のスキンケア!美肌のためには○○に気をつけるべき!?

夏は日焼けばかりに気を付けがちですが、美肌にとって敵なのは紫外線だけじゃないんです!日焼け止めだけ塗って安心していてはNGですよ。

夏の美肌をつくるために、スキンケアの前に知っておきたいこと

夏はついつい保湿を忘れてしまいませんか?夏は湿度が高く、汗もかきやすいのでどうしても肌がべたつき、潤っているはずと勘違いしがちですよね。
しかし、ずっと暑い場所に居る人は少ないはず。ほとんどの人が冷房のきいた室内に居ることのほうが多いです。電車で移動するときも冷房がかかってますよね。汗が引いても表面的にはべたついていて潤っているように感じますが、実は乾燥していることが多いので、夏こそ乾燥には気をつけたいところです。

冷房のきいた空間では肌の水分量はおよそ半分まで減少してしまうとも言われています。もともと汗をかいている場合は、汗が蒸発する際に一緒に肌の潤いも奪ってしまう可能性があります。
タオルやハンカチで汗を拭く際も、その摩擦で角質が傷ついて乾燥の原因となりますので、汗を拭くときはやさしくこすらず抑えるようにしましょう。

美肌のためには紫外線と乾燥から自分の肌を守ろう

意外と忘れがちな夏の「乾燥」対策。
紫外線対策は意識される方は多いですよね。日傘をさしたり日焼け止めを塗ったり、UVカットの上着を羽織ったり…。もちろん日焼け対策も大事なのですが、冷房のきいた部屋に入ったとたん肌に対して意識が薄れていませんか?実はその時にどうお肌をケアしてあげるかが、美肌に近付けるかどうかの分かれ道なのです。

まず汗の蒸発で奪われた潤いを戻すべく、保湿力の高いミスト状の化粧水を吹きかけ乾燥から肌を守りましょう。夏の乾燥対策がその先の秋冬の美肌につながります。
特に紫外線を多く浴び、屋外と屋内(冷房の効いた場所)を行き来した日は、寝る前のスキンケアを冬の時期同様、保湿たっぷりのスキンケアに変えてみてください。夏も乾燥からお肌を守り、美肌を目指していきましょうね。

関連記事