こっそり体操で、周りと差がつく「美人モテ顔」に!

こっそり体操で、周りと差がつく「美人モテ顔」に!

通勤中や仕事中、下を見ていることが多くありませんか?実はそれが美人を台無しにしているんです!ちょっとしたことで周りと差がつく方法教えます。

通勤中がチャンス!「美人モテ顔」の敵はたるみ!?

通勤や移動中の電車の中で、あなたは何をしてますか?
スマホを見たり、読書や音楽を聴いたりと様々ですよね。ほとんどの人が下を向いてませんか?下向いてばかりいるとたるみの原因を作ります!気付かないうちに、老けてしまうんです。そして表情筋も衰えてしまうので、口角も下がって「モテ顔」とは程遠い顔に!
通勤中の電車の中で他の人が下を向いているうちにこっそり体操をして差をつけましょう。

こっそりモテ顔体操で目ヂカラUP!

電車の中での顔体操は、いくら他の人が下を向いていても、あまり大きな動きはさすがに恥ずかしくて出来ないですよね。
まずは、飴を舐めているような舌の体操。
口を閉じたままで、舌で上下の歯茎をなぞるように回していきます。時計回り10回、反時計回り10回、何セットやってもいいと思います。が、慣れるまでは結構きついので徐々に回数を増やすといいと思います。あごの辺りがスッキリして小顔効果が期待できます。恥ずかしい方は、マスクをしてやると気にならないかもしれません。

次は、「モテ顔」には欠かせない目ヂカラ!
目がパッチリとするだけで顔がパッと明るく見えますよね。目の体操も電車の中でできちゃいますよ。5秒間ギュっと閉じてから思いっきり目を開く。そして瞳をくるくる回す。たったこれだけです。
目の筋肉はなかなか日頃使われないのでこれだけでもたるみやむくみの解消に繋がります。
目を動かすのが恥ずかしい方は、車内の中吊り広告や路線図を見る時はあまり顔を上げず、眼球だけ動かして上の方を見るように意識するだけでも違いますよ。
どちらの体操も通勤中の数分で出来てしまう簡単な体操です。もちろん、デスクワークのちょっとした時間にも行うことができます。毎日少しずつ始めて、「モテ顔」を手に入れましょう!
こっそり体操で美人モテ顔になろう

関連記事