ぽっこりお腹は猫背が原因?正しい姿勢で痩せる秘訣

ぽっこりお腹は猫背が原因?正しい姿勢で痩せる秘訣

ぽっこりお腹に悩んでいる人はいませんか?正しい姿勢でぽっこりお腹を解消しましょう。

なぜ猫背がぽっこりお腹の原因になるのか?

正しい姿勢を意識してまっすぐ立ち、その状態から背中を丸めてみてください。
胸が引っ込んで、下腹が付き出た猫背の状態になりませんか?背中が曲がり、肩が前に出て肩甲骨が開いた状態を続けると、お腹周りの筋肉が緩んで、脂肪が蓄積したり、リンパの流れが悪くなって代謝が落ちたりと、悪循環に陥ってしまいます。

【姿勢が悪い人の特徴】
・デスクワークをしていると、つい背中が丸まってしまう
・歩く時に下を見てしまう
・よくあぐらをかく

デスクワークは猫背になってしまう人が多いようです。また、あぐらは骨盤が後傾しやすいので猫背になりやすく、下腹の筋力が低下してしまいます。

ぽっこりお腹を解消するエクササイズ

姿勢を維持するために使う筋肉は、コアマッスルと呼ばれている筋肉です。
姿勢を正すことで、姿勢を維持するために活動している筋肉のエネルギーが消費されますよ。
まずは、姿勢を正すところから始めて、余裕がでてきたら簡単なエクササイズも加えてみましょう。

【エクササイズ1:ドローイン】
1. 正しい姿勢を意識して立ちます。このとき、背中が反ったり丸まったりしないように気を付けましょう
2. お腹と背中をくっつけるイメージで、おへその辺りを意識し、グッと力を入れてお腹全体をへこませます
3. 呼吸を止めずに、15~30秒ほどキープ

【エクササイズ2:お尻歩き】
1. 床に両足をのばした状態で座り、両手を太ももの上にのせ、背筋をのばす
2. お尻で足踏みをするように、左右交互に動かし、10歩前に進む
3. 同じ動きで10歩後ろにさがる


いかがでしたか?
通常の腹筋運動に比べて大分簡単にできるものばかりなので、ぽっこりお腹を解消するためにもぜひチャレンジしてみてくださいね。

関連記事