今からでもまだ間に合う!引き締まった二の腕を手に入れよう!

今からでもまだ間に合う!引き締まった二の腕を手に入れよう!

暑さも残るこの季節、まだまだ二の腕を出す機会は多いですよね?まだ間に合います!引き締まった二の腕を手に入れましょう!

引き締まった二の腕を手に入れるために知っておきたいこと

二の腕は気づいた時には太くなっていることってありますよね。
この夏、薄着をしたくても二の腕が気になって出すことを躊躇された方も多かったのではないでしょうか?
実は、二の腕はとても脂肪がつきやすく落ちにくい場所なんです!
二の腕は筋肉よりも脂肪がついている量が多いため、ダイエットなどを行なってもなかなか細くなりづらいのです。
たとえ脂肪が減ったとしても、たるみが解消されないとぷよぷよしているように見えてしまいます。

では、なぜ二の腕が太くなってしまうのでしょうか?

・毎日同じ姿勢をしている
・毎日同じ動きをしている
・ブラジャーの締め付け

など、きっと思い当たる方は多いと思います。
デスクワークなどで、毎日同じ姿勢でお仕事をされていませんか?
それに、ブラジャーがフィットしていなかったり、ワイヤーで締め付けられているなんてことも…。
毎日同じ姿勢を続けることで肩が凝ったり、ブラジャーで締め付けることなどで血行やリンパの流れが悪くなります。
そうすると、二の腕の血行やリンパの流れも悪くなり、脂肪や老廃物が溜まりやすくなって、どんどん太くなってしまいます。

引き締まった二の腕の作り方をご紹介します!

太くなっている二の腕は、一定の動作しかしないことなどが原因で、筋肉がねじれている状態です。
そのねじれを元に戻すことで、血行やリンパの流れがよくなり、結果二の腕の引き締めに繋がります。
また二の腕の使っていない筋肉を使うことで、二の腕が細くなります。

◯バイバイ運動
1、手のひらを上にして、両腕を後ろに伸ばして上げる
2、手のひらを外側から内側にバイバイするように30回ほど繰り返す

◯ペットボトルを使った運動
1、500mlのペットボトルを持った腕を耳に添わせて、真っ直ぐ上にあげる
2、耳に沿わせたまま、ゆっくり肘から後ろへ曲げる
3、またゆっくり真っ直ぐ上にあげるという動作を30回ほど繰り返す
4、反対側も同様に行う

◯壁を使って腕立て伏せ
1、壁から少し離れて、手を顎の高さで壁に両手をつく
2、腕立て伏せと同じように、壁に向かって身体をゆっくり倒し肘を曲げる
3、しっかり曲げたところで5秒キープ
4、ゆっくりと元の状態に戻す
5、これを10回ほど繰り返して行う

◯座ったままで体操
1、床に体育座りをして、手のひらは内向きで両手を後ろにつく
2、ゆっくりと肘を曲げて、身体を後ろに倒していく
3、キツイと感じるところで10秒キープ
4、ゆっくりと肘を伸ばし元の姿勢に戻す
5、これを10回ほど繰り返して行う

いかがでしたか?
紹介した運動以外にも、普段歩くときに腕を後ろに引くことを意識して歩くだけでも効果的です。
脂肪がつきやすく落ちにくいと言われている二の腕ですが、空いた時間を使って二の腕を細くすることが出来ます。
まだまだ暑さの残るこの季節、二の腕を思いっきり出してみませんか?
関連キーワード

関連記事