こんなにすごいお茶だった!ローズヒップティーの美容・健康効果

こんなにすごいお茶だった!ローズヒップティーの美容・健康効果

8月7日は二十四節気の立秋。秋の始まりといわれ、秋の気配が感じられる時季。とはいえ、まだまだ暑さは続きます。
二十四節気_ビューティーティー「立秋」

8月7日は立秋、ちょい足しお茶レシピで健康的に美しく!

2016年の立秋は8月7日。まだまだ夏真っ盛りの時季ですが、二十四節気では秋の始まりです。秋の足音を聞きながら、短い夏に思いを巡らせる人も多いかもしれません。

そして、8月11日は「山の日」。この夏、2016年から始まった祝日です。お盆休みを15日前後にしている企業も多いので、山の日をつなげて例年より長い休日を楽しむこともできそうですね。

近くまでやってきている秋の訪れを、つくつく法師の鳴き声が教えてくれているのかもしれません。「ブルーベリーローズヒップティー」を飲みながら、夏に受けたダメージからの回復を!

ちょい足しお茶レシピ「ブルーベリーローズヒップティー」

ブルーベリーローズヒップティーの美容・健康効果

材料 2人分

ローズヒップ …大さじ2
水 …300ml
ブルーベリー …大さじ3

作り方

1.
小鍋に水を入れて火にかけて沸騰したらローズヒップを加えて弱火にして5分ほど煮出し、茶こしでこす。

2.
耐熱皿にブルーベリーを入れてふわっとラップをかけて600Wの電子レンジで30秒ほど加熱する。

3.
カップに2を半量ずつ入れて1を上から注ぐ。
レモンゼリーのレシピ

おまけ【レモンゼリー】

[材料 4個分]
水 …50ml
粉ゼラチン …1パック(4g)

レモン汁 …1個分(大さじ2)
はちみつ …大さじ2
水 …150ml

ヨーグルト …適量

[作り方]
1.
水50mlに粉ゼラチンをふり入れてふやかし、湯煎で溶かす。

2.
1にレモン汁、はちみつ、水を加えて混ぜ合わせ、容器に注ぎ分け、冷蔵庫で冷やし固める。
好みでヨーグルトを乗せる。

美容効果抜群のお茶、ブルーベリーローズヒップティーの秘密とは

ちょい足ししているのは、ブルーベリー。以前より目にいいことで有名な食材です。

その名前からもわかるように、深い青色が特徴的なブルーベリー。紫がかったようにも見える青の色素に抗酸化作用のあるアントシアニンが含まれています。この成分が目にいいのではないか、との報告もあります。アントシアニンと眼精疲労改善の科学的根拠はまだありませんが、血流を改善する効果が期待できるビタミンEも含まれることから、肩こりが軽減されることで、眼精疲労の効果も期待できます。また、ブルーベリーに含まれる様々な抗酸化成分の働きが、加齢による目のトラブル予防に役立つことも分かってきました。生活習慣病の対策のためにも普段から摂取したい成分ですね。

また、アントシアノサイドという成分も含まれ、血管や脳の老化予防に効果的といわれています。

腸内環境を整えるいわれるブルーベリーですが、スウェーデンの民間療法では「ブルーベリー下痢療法」としても有名なのだとか。抗菌作用が期待できる成分というのも魅力的ですね。

これがブルーベリーの秘める力。健康的で美しく、そして本来の魅力的な瞳へ!
ブルーベリーローズヒップティーの美容・健康効果

ベースになっているお茶は、「ローズヒップティー」

ローズヒップティーは、バラ科バラ属のローズヒップからとれる果実のお茶です。

女性のために存在しているのではないかと思わせてくれるほど、美容に良い成分が豊富。抗酸化作用のあるリコピンなどのポリフェノール類やビタミンE、ベータカロテンでエイジングケアできるのが特徴的。
食物繊維で腸内環境を整え、脂肪燃焼にいいとされるティリロサイドというポリフェノールとの相乗効果でダイエットにも良いようです。
さらに豊富に含まれるビタミンCで、免疫力の強化やクリアな肌が期待できます。

メンタルケアにも良いといわれるビタミンCに加え、鉄分やイライラに効果的なカルシウムも含有。年齢からくる心のケアにも良いかもしれません。

美しい肌、すっきりボディ、強いメンタル…etc.
ビューティー効果もばっちりな「ローズヒップティー」にブルーベリーをちょい足しして、手軽に女子美力をアップさせましょう!
■栄養監修/篠原絵里佳
管理栄養士、野菜ソムリエ、睡眠改善インストラクター。日本抗加齢(アンチエイジング)医学会の認定指導士として活動中(http://ameblo.jp/erica-dietitian/)。

■料理・スタイリング/黒木優子
料理家。フードスタイリスト。
著書に『かんたん、おしゃれな作りおきジャーサラダ』『おうちで和菓子屋さん』など。

■撮影/宮澤聡

関連記事