日焼けしちゃった!でも今なら間に合う24時間以内の応急処置

日焼けしちゃった!でも今なら間に合う24時間以内の応急処置

夏になれば、どうしても肌の白さが失われつつありますよね。ウッカリ日焼けをしてしまった時に役立つ応急処置を教えます!

ウッカリ日焼けにはご注意!応急処置で肌を守りましょう

夏になると、日照時間が長い上に、薄着をするためついつい日焼けしてしまいますよね。
日焼け対策をバッチリしていても、ウッカリ焼けてしまった! という時は誰にだってありますし、これからもありえることですよね。
焼けてしまった肌を白く戻すのにはやはり時間はかかります。
しかし、その時間を少しでも縮めたい、そして傷んだ肌を再生したい!と強く願う女性にオススメな応急処置をご紹介。
これからの夏は、プラスαのスキンケアで美肌をしっかりと守りましょう。

まだ間に合う!日焼けした肌を守ろう

「日焼け」と日頃から言っていますが、実際は軽い火傷と考えても過言ではありません。
肌が火傷をするため、ダメージがかなり大きく、肌の色も変化してしまうほど。
そんな肌をそのままにしておくなんて、とんでもありません!
また、元の白い肌に早く戻るためにとスクラブする人も多いそうですが、それも避けてください!
もう十分にダメージを受けているので、これ以上、肌には負担をかけてはいけません。
なるべく優しく、素早くケアするのが1番です。

まず、日焼けをして感じるのが痛みと熱です。
焼け過ぎてしまってヒリヒリした痛みに耐える経験をしたことがありますよね。
そして、同時に感じるのが熱さ!
肌が熱を持ってしまい、その熱さにも誰もが1回は苦しんだことがありますよね。
日焼けをしてしまった時から、24時間以内にできる応急処置として最初にできるのが「冷却」です。
熱を持っている箇所を冷やしてあげましょう。
保冷剤や、冷却シートなどで幹部を冷してあげるだけで、肌へのダメージも減ります。
あまり冷え過ぎてしまったものは使わないように気をつけましょう。
カラダの火照りを和らげてくれる効果も期待できますので、 シャワーの際にもそこまで苦しまなくてすみますよ!

次にできるのが「保湿」です。
日焼け後は、肌のバリア機能が低下しているため、保湿が肝心になってきます。
日焼け直後は、美白効果やピーリング効果のある保湿液は使わない方が良いとされています。
肌に優しいものをたっぷりとつけることで、肌が守られ、また美白への再生も少しだけ早まります。

最後に、「アロエ」は消炎作用があると言われており、日焼けをした時に幹部に塗るだけで炎症を抑えてくれたりもします。
アロエがあれば、薄く切って幹部に直接、もしなければアロエ配合の化粧水などをたっぷりと塗ってあげましょう。
これだけで、 美肌も守られますよ!

いかがでしょうか?
日焼けをしてしまったかも…と感じた時は早く処置してあげることが肝心です!
早めの対応で、美肌をしっかりと守り、美白への近道をしましょう。
関連キーワード

関連記事