夏のヘアダメージに気を付けて美髪を作ろう

夏のヘアダメージに気を付けて美髪を作ろう

夏は髪が最もダメージを受けやすい季節です。健康な美髪をキープするためのヘアケアをご紹介します。

夏のヘアダメージをケアして、美髪をキープ!

夏の髪のダメージは、秋に乾燥しはじめると表面化してしまいます。毛髪をおおっているキューティクルがはがれないように、夏の間にきちんとヘアケアしましょう。
髪が受けるダメージの要因は…

【紫外線によるダメージ】
太陽光や紫外線はもちろん、自動車の排気ガス、海水、プールの塩素なども原因と言われています。

【普段の間違ったヘアケアによるダメージ】
シャンプーの時やタオルドライでの摩擦、ドライヤーの熱、髪を結ぶことよる摩擦、ブラッシング時の摩擦などによるもの。

【普段の生活の中でのダメージ】
クーラーや扇風機による髪の乾燥、就寝中の寝返りによる髪の摩擦などによるもの。

ヘアダメージに効果的なヘアケア

【シャンプー剤の使い過ぎに注意】
洗髪後の頭皮の皮脂が通常の状態に戻るまでは、24時間かかります。汗をかいたからといって何度もシャンプーを使うと、頭皮が刺激にさらされてしまいます。シャンプー剤を使うのは1日1回にした方が良いとされています。

【紫外線から髪を守る】
紫外線にさらされると、頭皮の日焼けやキューティクルのダメージが表面化します。
なるべく紫外線を受けないように、日傘や帽子で紫外線をカットしましょう。

【規則正しい生活】
規則正しい生活をすることも大切です。睡眠や食事のバランスに注意して、健康な髪をキープしましょう。


美髪のためには日々の積み重ねがとっても大事!簡単なヘアケアを心がけることで、ダメージがぐっと減ります。
関連キーワード

関連記事