夏のスキンケアは万全?「汗荒れ」を予防してキレイ肌をキープ

夏のスキンケアは万全?「汗荒れ」を予防してキレイ肌をキープ

夏に首元等がピリピリ、チクチクしたりしませんか?それ、もしかしたら「汗荒れ」かもしれません!夏のスキンケア、もう一度見直してみましょう。

汗荒れ予防はスキンケアが重要

首元のスキンケアも大切なんです
外に出ると汗が噴き出す今日この頃ですが、首や胸元、膝の裏や肘の内側などの皮膚が赤く腫れてピリピリすることはありませんか?首やデコルテが赤くなってしまうと、夏のお洒落も楽しさ半減ですよね。
そうした症状が見られる場合、「汗荒れ」を疑ってみましょう。

汗が引き起こす肌トラブルである汗荒れとあせもは、似ているようで全く違うものです。
●汗荒れ:汗の塩分やアンモニア等の成分が、バリア機能が弱まった肌を刺激する
●あせも:汗の出口が垢や汚れでふさがれ、炎症を起こす

汗荒れの場合、汗と皮膚の接触を減らすこととお肌のバリア機能を整えることがその予防には有効となります。特に、お肌のバリア機能を整えるためにはスキンケアから見直す必要があるのです。

スキンケアで汗荒れ対策

それでは、汗荒れを防ぐためのスキンケアやそのほかの対策をご紹介していきます。

●スキンケア
お肌のバリア機能は、肌が乾燥することで弱まってしまいます。顔だけではなく、体にも水分補給・保湿ケアをしっかり行っていますか?
「ベタベタするのがイヤ!」という人も、さっぱりタイプで軽いテクスチャーの化粧水や乳液、クリームを駆使してケアを行うようにしましょう。

●汗をかいたら
まず、汗をかいたらすぐふき取ることが基本です!汗が乾いてしまうと、その成分が皮膚に残って汗荒れを引き起こす原因となります。
また、吸湿性のあるインナーも、汗とお肌の接触が抑えられるのでおすすめです。

●さっぱりタイプのボディーソープに要注意
身体の皮脂をガッツリ取り除いてしまうタイプのボディーソープは、洗い上がりは気持ちいいのかもしれませんがおすすめできません。
必要以上に皮脂を取り除いてしまうと、バリア機能も弱まってしまいます。低刺激のボディーソープを、あくまで適量のみ使うようにしましょう。

関連記事