ゼロカロリーやノンシュガーは美女の敵

ゼロカロリーやノンシュガーは美女の敵

カロリーさえ減らせば痩せられる、カロリーを摂らなければ太らない、と思ったら大間違い。ゼロカロリーはなぜいけないの?にお答えいたします。

「ゼロカロリー」「ノンシュガー」は太るカロリー

糖分は太ると聞いて、「ゼロカロリー」や「ノンシュガー」のものなら太らないんじゃない?と思ったあなた。残念なことにその反対で、砂糖よりもっと太りやすくなるのが人工甘味料なんです。

ダイエットしたい方が、パッケージの表に「ゼロカロリー」「ノンシュガー」「ローカロリー」などと書かれているのを見て、魅力的に感じる気持ちはよくわかります。しかし裏の原材料をよく見てみると、アスパルテームなどの人工甘味料が入っているのに気づくはずです。

この低カロリードリンクやゼロカロリーのチョコレートなどに使われている人工甘味料は、食欲を刺激する作用があり、体重増の一因になりうることが研究結果で報告されています。つまり、こうしたものを食べたり飲んだりすればするほど、余計にお腹が空いてかえって食べすぎてしまうのです。ゼロだと思って食べたら、逆にカロリーオーバーということにもなりかねません。ゼロカロリーのものを食べれば食べるほど、その罠に陥るので要注意。

つまり、「ゼロカロリー」や「ノンシュガー」は「痩せるカロリー」ではなく、明らかに「太るカロリー」です。パッケージの魅力的な宣伝文句に踊らされないで、口に入れるものを厳しい目で見極めていきましょう。カロリーだけではダイエットは語れないのです。

【特に気をつけたい人工甘味料】
スクラロース、アスパルテーム、サッカリン、アセスルファムK(アセスルファムカリウム)

太るカロリーに要注意!人工甘味料はセロトニンの分泌を阻害する

人工甘味料はセロトニンという脳内物質を分泌させないようにします。セロトニンの役割は幸福感や食後の満腹感をもたらす働きがあるのですが、人工甘味料が入ったものを食べると、セロトニンの分泌が阻害されるため、満腹感が訪れず、ずっと食べ続けたくなります。また、幸福感も減り、幸せな毎日を過ごせなくなってしまいかねません。

関連記事