納豆は美容にいいけど食べすぎると…?

納豆は美容にいいけど食べすぎると…?

納豆は美容にいいのは有名になっていたけれど、食べ過ぎは良くないって知っていましたか?

納豆に含まれる美容の成分

納豆に含まれるナットウキナーゼが美容にいいのは有名になりましたが、それ以外にも納豆には数多くの美容にいい成分が含まれているのでご紹介いたします。

・ナットウキナーゼ
今では有名なナットウキナーゼ。血液をサラサラにしてくれます。

・ビタミンB群
綺麗な髪や皮膚を作り、体の疲れを取り除きます。目の疲労にも効果的です。

・ポリアミン
新陳代謝を上げ、老化防止の役に立ってくれます。シミやソバカス、くすみなどを防いでくれるのだとか。

・納豆レシチン
毒素を排出してくれる作用があると言われており、ニキビやシミを防ぎ肌荒れ改善の手助けをしてくれます。

・食物繊維
ご存知便秘の強い味方。便通をスムーズにしてくれます。

・大豆イソフラボン
女性ホルモンのバランスを保つ味方。更年期障害やあらゆる骨の病気にも効果的なのだとか。

・カルシウム
骨を丈夫にしてくれ、健康維持には必要不可欠な栄養素です。

納豆の食べ過ぎが良くない理由は?

さて、納豆が美容に良いことはお分かりいただけたと思いますが、では一体なぜ食べ過ぎは良くないのでしょうか?
何事もやり過ぎるのは良くないもので、納豆も美容に良いから、と食べすぎるとさまざまなトラブルを引き起こしかねません。

・痛風にご用心
納豆はプリン体が多く、摂りすぎると痛風の原因になります。

・セレンが悪さをする
セレンには抗ガン作用や老化を防ぐ効果が期待されていますが、過剰摂取した場合は嘔吐や肝機能不全を引き起こしてしまう可能性もあるのだとか。

ではどれくらいの量がベストかというと大体1日あたり1~2パックがベストとされています。
ナットウキナーゼは熱に弱いので、加熱せずそのまま食しましょう。
また、発酵が進んだ方が栄養効果が高まるので、賞味期限ギリギリのものを食べることでより効果が得られるそうです。

毎日買いに行くのが面倒くさい、という方は、冷凍保存が効くので、まとめて買って冷凍しておくのもいいですね。
ただし、解凍は冷蔵庫でゆっくりと時間をかけて解凍しましょう。

美BEAUTEアプリを今すぐダウンロード!

Androidの方

Androidの方

iOSの方

iOSの方は
関連キーワード

関連記事