美beaute'(ビボーテ) - キレイを発見する、WEBマガジン -

2 タイプ別おすすめダイエット[食事編]

自分の太り方の傾向がわかったら、食べ物の組み合わせ方や食事法などを伝授。ダイエットの大敵、と思われがちな食事だって、取り入れ方次第でこんなにもやせやすい体へ! まずは自分のタイプをチェック >>

タイプA「糖質太りタイプはビタミンB1フード」

糖質をエネルギーに変えるパワーを持つ、ビタミンB1を積極的に摂り入れて

タイプA
  • ・食物繊維の多い食材は糖質の吸収を抑える働きを持ち、満腹感もゲット!
  • ・甘いものが食べたくなったら、夕食後はさけて、活動量の多い朝か昼に摂るようにする

【おすすめ食材】豚肉、玄米や大豆、きのこ類、モロヘイヤや小松菜(緑の濃いもの)など

タイプB「脂質太りタイプは魚をしっかり摂って」

脂質をエネルギーに変える働きを持つ、ビタミンB2摂取を心がける

タイプB
  • ・脂質の吸収を抑えてくれる、食物繊維の多い食材も積極的に摂取!
  • ・食物の旨味成分を上手に利用し、揚げ物でない料理でも満足感UP
  • ・青魚に含まれる良質な脂肪酸で、ドロドロ血液を防ぐ

【おすすめ食材】ハマチなどの青魚系、きのこ類、うなぎなど

タイプC「水太りタイプは塩分摂り過ぎに注意して」

野菜や果物などに多く含まれるカリウムは余分な水と塩分を排泄する効果アリ

タイプC
  • ・体内の塩分(ナトリウム)濃度は一定に保たれているので、塩分を摂りすぎると、濃度を一定に保とうと水分をため込んでしまう・・・!塩分を摂りすぎないことが先決!
  • ・体が冷え易いためショウガやネギなど身体を温める食材を積極的にとるようにする。

【おすすめ食材】サラダほうれん草、筍、ニラ、メロン、キウイ、バナナなど※腎臓などの病気でカリウム制限がある方はご注意ください。

※持病をお持ちの方は、医師にご相談ください。

PROFILE

田中景子(監修)

田中景子(監修)

「チーム栄養士」主宰。クリニック「ISEA」での‘ライフスタイル重視’の食カウンセリングやダイエット指導を行う。 テレビや雑誌への健康レシピ提供多数。著書に『「太りぐせ」が「やせぐせ」に変わる!リバウンドゼロダイエット』(高橋書店)
西谷洋子(監修)

西谷洋子(監修)

調理師、管理栄養士、健康運動指導士の資格を持ち合わせ、現在までに病院や企業、社員食堂等での管理栄養士業務、保健指導、プログラム開発、管理栄養士教育に携わる。 現在はISEA『メディカル オーダーメイド ダイエットプログラム』の専属管理栄養士として従事。

▲ページトップへ戻る

2 / 12

【関連キーワード】 ダイエット 健康 診断 食事