美beaute'(ビボーテ) - キレイを発見する、WEBマガジン -

4 代謝アップお約束のおかず

スープのメイン食材でもある「にんにく」と、肝機能を活発にする「レバー」、さらに免疫力を高める「納豆」を組み合わせた、ご飯に合うおかず。

食材のトリプル効果で代謝アップ

内臓のなかでも最も軟らかく栄養素たっぷりのレバーは、脂質の代謝を促進する「ビタミンB1」もまんべなく含まれている。さらに免疫力を高める「アルギニン」を含む納豆は脂肪を燃焼させる効果があり、にんにくとのトリプル効果で代謝アップを期待できる。にらとにんにくにも入っている「アリシン」が「ビタミンB1」と結びつくことで疲労回復にも効果を発揮する。

レバーと納豆、にんにくの炒めもの

材料(2人分)
鶏レバー 200g
納豆 1パック/45g
にんにく 3片
赤唐辛子の輪切り 少々
にら 3、4本
めんつゆ 大さじ3
オイスターソース 小さじ2
ごま油 大さじ1
STEP1鶏レバーは大きめの一口大に切り、冷水の中を泳がせて血の塊を除く。水を替えて手早く3度繰り返し、よく水気を切る。にんにくは縦に半割りにして芽を取る。
STEP2フライパンに油とにんにく、赤唐辛子を入れて弱火で熱し、香りが立ったらレバーを入れて強火で炒める。表面が白くなったらめんつゆとオイスターソースを加えて煮立て、汁気が少なくなるまで炒り付ける。
STEP32に納豆を加え、さらによく炒める。器に盛り、刻んだにらをトッピングする。
レバーは水でしっかり洗って臭みを取りましょう。また、火を入れると固くなりがちなので、炒め過ぎに注意して。

代謝アップに効くレシピ、スープ編はこちら >>

PROFILE

スヌ子(稲葉ゆきえ)

スヌ子(稲葉ゆきえ)

料理研究家。東京・日本橋「ギャラリーキッチンKIWI」にて料理教室を主催。女性誌『Domani』と『FRaU』で連載を担当。自身のブログ「酒とごはんとオヤツとスヌ子」でも絶品レシピを披露。

協力一覧+ 料理/スヌ子(稲葉ゆきえ)撮影/小松士郎 スタイリング/中山暢子 構成・文/蓮 真奈美

▲ページトップへ戻る

4 / 4

美人スープ&おかずレシピ Pa… 記事一覧

【関連キーワード】 HOWTO レシピ 代謝 食事