美beaute'(ビボーテ) - キレイを発見する、WEBマガジン -

2 老化予防に効くおかず

スープのメイン食材「サーモン」は野菜との相性もばっちり。抗酸化作用も期待できる、黒酢をアクセントにしたサラダをご紹介。

体のサビを取る黒酢がアクセント

サーモンに合わせてチョイスした野菜は、美肌効果が期待できる「ビタミンC」を多く含むパプリカや香菜、免疫力アップと抗酸化効果が期待できる「ビタミンA」を含むセロリと長ねぎ。黒酢をドレッシングに用いることで、通常のお酢よりさらに強く体内がサビないように働き、よりアンチエイジングにつながる。

サーモンと香り野菜の黒酢サラダ

材料(2人分)
サーモン(刺身用) 100g
セロリ 1/2本
パプリカ 1/4個
長ねぎ 1/4本
香菜 2、3本
松の実 大さじ1
サラダ油(あればピーナッツ油)  大さじ2
★黒酢 大さじ1
★はちみつ 小さじ1
★塩小さじ 1/4
STEP1セロリ、パプリカ、長ねぎはなるべく細い千切りにし、水に放してパリッとさせた後、よく水を切る。香菜は葉を摘み、茎を細かく刻む。
STEP2サーモンを薄く切り、1の香菜の茎と混ぜ合わせた★をからめる。食べる直前に、1の野菜と2のサーモンを交互に重ねて、一番上に野菜がくるように盛りつける。
STEP3小鍋に油を熱し、薄く煙が立ったら3に回しかける。松の実と香菜の葉を散らす。
最後に熱した油をかけると、香りの強い野菜がしんなりして、野菜をたくさん食べることができます。

老化予防に効くレシピ、スープ編はこちら >>

PROFILE

スヌ子(稲葉ゆきえ)

スヌ子(稲葉ゆきえ)

料理研究家。東京・日本橋「ギャラリーキッチンKIWI」にて料理教室を主催。女性誌『Domani』と『FRaU』で連載を担当。自身のブログ「酒とごはんとオヤツとスヌ子」でも絶品レシピを披露。

協力一覧+ 料理/スヌ子(稲葉ゆきえ)撮影/小松士郎 スタイリング/中山暢子 構成・文/蓮 真奈美

▲ページトップへ戻る

2 / 4

美人スープ&おかずレシピ Pa… 記事一覧

【関連キーワード】 HOWTO アンチエイジング レシピ 食事