胃が原因の口臭を防ぐ方法とは?

胃が原因の口臭を防ぐ方法とは?

口臭の原因は口の中だけ、とは限りません。胃の臭いが原因となっている場合の対処方法を紹介します。

胃の痛みを感じたとき口臭が気になったときはありませんか?

胃がキリキリ痛むとき、胃がムカムカし不快に感じたとき、同時に口臭が気になったことはないでしょうか。胃の調子が悪くなったとき実は口臭がきつくなってしまうことがあるのです。

この胃から出る臭いは消化不良を起こしていることが考えられます。胃の調子が悪くなってしまうと胃酸の分泌が乱れ、食べた物を上手に消化できなくなってしまいます。この消化できなかった食べた物が胃の中に長時間あると発酵してしまい悪臭を伴うガスが発生してしまうのです。

悪臭を伴うガスは血流にのって全身をめぐり肺まで運ばれてしまい呼吸とともにガスが放出され口臭となってしまうのです。そのため消化不良が原因の口臭は口の中に原因がないため歯磨きや口中清涼タブレットなどでは改善できないことがほとんどです。

胃の消化不良を防ぐ方法とは?

胃の消化不良が原因の口臭はまずは胃の調子を整えることが大切です。

胃は非常にデリケートな内臓であるためストレスを感じているときや、疲れがたまってしまっている状態が長く続くとその分影響を受けやすいです。そのため出来る限り胃の負担にならないような生活習慣を心がけることが大切です。

胃の調子を整えるにはまずストレスの少ない生活を心がけましょう。仕事などでどうしてもストレスを感じてしまう場合は趣味などを作り定期的にストレスを発散させることが大切です。
他にも脂っこい食事が多いと胃に負担をかけてしまいがちです。外食はひかえ自炊し和食中心の食生活を心がけましょう。
また睡眠不足も大敵です。しっかりと睡眠をとることで胃を休める時間をとることも大切です。

なかなか改善されない消化不良にサプリメント!

生活習慣を改善しているのになかなか胃の消化不良が改善されない場合や、胃痛などはおさまっても口臭が改善されない場合、どうしても早く口臭を改善したい場合などは口臭サプリメントを活用することをお勧めします。

口臭サプリメントとはカテキンやタンニンなど消臭効果のある成分を濃縮して作られているもので悪臭に対して体内で消臭を行い、臭いが外にもれることがないので口臭を防ぐことに非常に有効です。サプリメントは持ち運びも出来るため外出先でも気軽に服用できることもメリットです。
しかし胃の調子そのものの改善にはならないため、胃の消化不良や口臭がひどい場合は胃炎や胃潰瘍、逆流性食道炎などの胃の病気にかかっている場合があるため早めに病院でチェックすることも大切です。
関連キーワード

関連記事