口臭を自分でチェックする方法とは?

口臭を自分でチェックする方法とは?

自分ではなかなか気づきづらい口臭をチェックする方法を紹介します。

口臭をチェックする重要性とは?

朝起きたときに自分の口臭が臭いなと感じたことはありませんか。これは寝ているときに唾液の分泌がおさえられ、口の中が乾燥することで口の中に菌が繁殖してしまうことで臭いの元となるのです。

寝ているときに限らず口臭が臭いと他人と近くで話すときに相手に不快な思いを与えかねません。また口臭があるのではないかと心配になってしまうと人と会話できなくなってしまったり、他人の近くにいくことさえもこわくなってしまったりする場合もあります。

口臭には様々な原因が考えられます。この原因によって発生する口臭の臭いに違いがでます。またそれぞれの原因によって口臭の対策方法が異なるため、自分自身は口臭が臭いのかどうかや、どんな種類の臭いなのかをしっかりとセルフチェックすることが大切なのです。

口臭の簡単なチェック方法とは?

簡単にできる口臭チェック方法を紹介します。用意するものはコップのみです。

まずコップに自分の息を吹きかけます。次に吹きかけた息が逃げないように手やフタなどを使って密閉します。そして普通に呼吸した後、コップの息の臭いを嗅いでみて口臭がくさいかどうか、どのような臭いがするかチェックすることができます。

少しでも臭いと感じた場合は口臭に対して対策をすることが必要になります。またこのチェック方法は朝起きてすぐにやることが望ましいです。睡眠中は唾液の分泌量が少ないため朝起きてすぐの時間が一番口臭は強くなることが多いです。

口臭が強いときにチェックすることで普段からどの程度口臭があるのかチェックすることができるのです。朝起きてすぐの口臭に臭いが弱ければ日常生活においてそれ以上の口臭が出ることはないので安心できるでしょう。

磨き残しのチェックを行うことも大切です!

口臭は唾液の分泌量の他にも歯磨きが不十分であった際に食べカスに細菌が繁殖し、口臭の原因になりうることが考えられます。そのため日ごろの歯磨きがきちんとできているかのチェックも重要です。

歯磨きがきちんとできているかは歯医者さんでもチェックしてもらうことができます。しかし仕事が忙しいとなかなか診察に行けない人も多いでしょう。そんなときオキシドール溶液を使用すれば自分で磨き残しがあるかどうかかチェックことが可能です。

歯磨きを行い、しっかりと口をゆすいだあとオキシドール溶液を水で薄め、口にふくんで液が口全体に行き渡るようにしてから吐き出します。吐き出したオキシドール溶液に泡が多く発生していた場合、歯周病や炎症、膿などに反応しているため磨き残しがあると考えられます。まずはしっかりと歯を磨き口臭を防ぎましょう。
関連キーワード

関連記事