野菜から酵素をたっぷりとる方法

野菜から酵素をたっぷりとる方法

体に必要不可欠な酵素を野菜から効率よく摂取する方法を紹介します。

酵素が体に与える効果とは?

最近ではダイエットに関して酵素という言葉を聞く人が多いかもしれません。しかし意外と知られていないことが多いですが、酵素は人間の体の中に存在するもので生きるうえで必要不可欠の成分といえます。

酵素の役割としては食べた物の消化を手助けしたり、吸収を促したりします。また呼吸や体を動かすことに関しても酵素は大きく関わっています。

酵素は体内で作り出すことが可能です。しかし外から酵素を補充することでより多くの酵素が体内に存在する状態となり、消化吸収以外の場所でも多く働くことができ、その結果健康的な体になれるのです。

酵素は20代をすぎると体内で作られる量が急激に減少してしまいます。そのため体内で酵素不足にならないように、より多くの酵素を吸収できるように心がけましょう。

酵素を多く含む野菜とは?

酵素は生野菜に多く含まれているため、酵素を含む野菜を生で食べる事によって体内に酵素を補うことが可能です。

酵素を多く含む野菜はレタスやニンジン、きゅうり、とまと、大根やキャベツ、セロリなどがあげられます。これらの食材を普段から積極的に摂取している人も多いでしょう。しかし重要なのは生のままの状態で食べる事です。

実は酵素は野菜が熱せられると壊れてしまい熱に非常に弱いものです。そのため生のままの状態で食べたり、ジュースにしたり、すりおろして食べることで酵素を破壊することなく摂取することが可能です。

また酵素は新鮮な状態で摂取しなければその働きもなくなってしまいます。そのためジュースを2日から3日分作り置きして摂取してもあまり多くの効果が得られないため注意が必要です。

他にも酵素を含む食品があるのです!

野菜以外にも酵素を多く含む食品が存在します。

例えばフルーツです。りんごやバナナ、キウイ、アボカドなどは酵素を多く含む食材なので酵素を摂取したい場合に知っておくとよいでしょう。他にも発酵食品である味噌や納豆、キムチや醤油にも酵素が多く含まれています。しかしフルーツや発酵食品を積極的に摂取する際に気を付けたい点もあります。

フルーツは多くの糖分を含んでいます。そのため、過剰に摂取すると糖分も普段より多く摂取してしまう事態になります。またフルーツは冷やして食べる人も多いため冷えたフルーツを食べる事で体が冷えてしまい代謝を悪くしてしまうことが考えられます。加えて味噌や醤油は塩分が高いためこちらも過剰に摂取することはお勧めできません。

多くの酵素を摂取するためにはこれらのことに気を付けて摂取しましょう。
関連キーワード

関連記事