手のひび割れの予防と改善方法

手のひび割れの予防と改善方法

家事に支障をきたしてしまう手のひび割れはしっかりと予防し、できてしまったひび割れを改善する方法を紹介します。

ひび割れの原因とは何か?

手のひび割れは多くの女性の悩みではないでしょうか。

特に洗い物や洗濯など水を使って家事をこなす主婦の多くがひび割れを経験したことがあると思います。
ひび割れは特に冬の寒い時期におこることが多いです。

これは寒さと乾燥により、血流が悪くなることで引き起こされてしまいます。
冷たい水が血流を悪くしているのであれば温かいお湯をつかって家事をこなすことでひび割れを防ぐことができるのではないかと考える人もいるでしょう。

しかしお湯を使うと水を使用したときよりもさらにひび割れの原因となってしまうことがあります。
これはお湯が肌の表面の膜や角質などの成分を必要以上に流してしまうことが原因です。
そのため手の乾燥がより進んでしまい、ひび割れへとつながってしまうのです。

手のひび割れを予防する方法とは?

ひび割れを予防する上でもっとも大切なのは寒さと乾燥を防ぐことです。

例えばひび割れの原因に一番直結しやすい、水仕事をできる限り減らすことです。
しかし当然ながら主婦にとってこれは避けられない仕事であるため減らすことは難しいです。

そこで洗いものをする際は出来る限りゴム手袋を装着することをお勧めします。
ゴム手袋を装着することで水や洗剤を直接触れることがないので肌の乾燥や刺激を減らすことが可能になります。

ゴム手袋がどうしても苦手な人の場合は洗い物の際はぬるま湯を使用したり、出来る限り刺激の少ない洗剤を使用したりすることをお勧めします。
またハンドクリームなどの保湿剤をこまめに塗ることでひび割れを予防することができます。
意外と忘れがちですが外出時に手袋などで寒さから手を守ることも重要な対策のひとつです。

出来てしまったひび割れの対処方法

どんなにひび割れができないように予防していてもひび割れが出来てしまう場合はあります。

洗い物の際にゴム手袋を使用していても料理をする際にも水に触れる機会は多く、料理中に手袋を装着するわけにはいきません。
そのためできてしまったひび割れはこれまでおこなってきた予防ケアに加えてひび割れを保護するケアが必要となります。

ひび割れのケアはより保湿力の高い尿素やグリセリンを含むハンドクリームを使用することで改善させることができます。
また油分や血流を促すビタミンEを配合した軟膏を塗ることもお勧めです。

ひび割れが出来てしまった時でも水仕事がかかせない場合、ひび割れ専用の保護フィルムを使用することでひび割れの刺激されることがなくなるためこういった専用のフィルムを併せて活用しましょう。
関連キーワード

関連記事