体脂肪の落とし方の方法とは?

体脂肪の落とし方の方法とは?

女性がダイエットを行う上で気になる体脂肪の落とし方の方法を紹介します。

体脂肪が落ちない理由とは?

女性ならだれでも美しい体型に憧れを持つでしょう。
そのためにダイエットをして日々努力している人も多いです。

しかしダイエットする過程で気になるのは体脂肪ではないでしょうか。
体脂肪とは体の脂肪部分が占める割合です。
体重が落ちてもこの体脂肪が落ちていなければ健康的なダイエットとはいえず、無理に続ければ体を壊してしまうおそれがあるため気をつけましょう。

ダイエットを行ううえで体脂肪が落ちない理由は停滞期や代謝が落ちていることが考えられます。
停滞期はダイエットをするうえで必ず起こりうることなので、気分転換やリラックスしてダイエットに望みましょう。

代謝の低下で体脂肪が落ちない場合まずダイエットよりも体質改善を行うことが求められます。
体を温め、汗をかき、老廃物を流すことで代謝は改善されます。

理想的な体脂肪率知っておくことが大切です!

理想的な体脂肪率は成人女性なら21%から34%とされています。

体重や体脂肪において、日本人は細ければ細いほどいいという風潮があります。
しかし体脂肪は生きるうえで必要であるものという認識も忘れてはいけません。

体脂肪は食べ物が手にはいらなくなってしまったときのエネルギーの蓄積を行ないます。
今の日本で食べるものに飢えることはほとんどない状況にありますが、例えば登山中に遭難し、何日か食べるものが手に入らなくなった状況で体脂肪は非常に重要な役割を担っていのです。

他にも体温の維持やホルモンバランスの維持にも大きく関わってきます。
特に女性は急激なダイエットや無理なダイエットを行ない、体脂肪を落としてしまうと、ホルモンバランスがくずれてしまい、月経がこなくなり、後々大変になるので十分に気をつけることが大切です。

体脂肪の効率的な落とし方

体脂肪をの落とし方は非常に単純です。

摂取エネルギーより消費エネルギーが上回れば体脂肪は落とすことができます。
つまり食べた物よりも多く動けばよいのです。

しかし体脂肪率が標準に近いほど、この摂取エネルギーと消費エネルギーをコントロールすることで体脂肪を調節することが可能です。

反対に体脂肪率が高い人はこの調節を行うことが容易ではありません。
体脂肪率が落ちないからといって急激に食べる量を減らすと体が飢餓状態にあると勘違いし、さらに体脂肪を溜め込むおそれがあるため逆効果です。

大切なのは3食バランスのよい食生活を心がけ、ウォーキングや水泳といった有酸素運動を毎日継続しておこなうことで体脂肪率を効率よく落とすことが可能になるのです。
関連キーワード

関連記事