体脂肪がなかなか減らない原因とは?

体脂肪がなかなか減らない原因とは?

減らない体脂肪に効果的なダイエットとは?原因と対策を紹介します。

体脂肪とダイエットの関係性って?

ダイエットをしていて体重は減っても体脂肪が減らないということを経験したことはありませんか。

体脂肪率を減らすことは美しいボディラインを目指すうえで欠かすことの出来ないことです。
しかし体脂肪を減らすことは簡単ではありません。

例えば食べる量を減らしたり、同じ食べ物だけを食べ続けたりするなど、急激なダイエットをすると体重は一時的に減らすことは出来ても体脂肪を減らすことは出来ず、結果的に体重もすぐに戻ってしまうどころかダイエットを行う前よりも体重がさらに増えてしまう可能性もあるのです。

こういった間違ったダイエット方法は体脂肪さら落としにくくする原因とはなるのでダイエットをする前にきちんとした知識をもち計画性のあるダイエットを行うことが大切です。

体脂肪が減らない原因とは?

食事制限などのダイエットは簡単に行うことができますが、食事の量を極端に減らし過ぎたり、片寄った食品ばかりをとっていたりすると体にとって必要な栄養素が摂取できていない場合が多いです。

このようなダイエットは体重が落ちても体脂肪は落ちないことが考えられます。
その理由は食事の量が減り、エネルギー不足となった体は必要なエネルギーを筋肉から補おうとするため体脂肪は減らずに筋肉が減ることになります。

また多くのカロリーを摂取し、一度体脂肪が増え、ダイエットのためにカロリーを抑えるなどの食事制限をおこなったとしても体脂肪は元には戻りづらいです。
これは体がこれまでよりも少ないカロリーでも生きていけるようその環境に適応してしまっている状態なのです。

体脂肪を減らすためにするべきこと

ダイエットしても体脂肪がなかなか減らない人は体に必要な栄養を補いながら運動を併せておこなうことが大切です。

ダイエットを本格的に始める前に食事でしっかりと栄養をとる習慣をつけることで体重と体脂肪が両方落ちやすい体の環境へと移行させていくことができます。

また運動をおこなわなくてもある程度体脂肪は減らすことが可能です。
しかし食事の管理だけは体脂肪が減るスピードは非常にゆるやかであるため、効率よく体脂肪を減らすためには運動をおこなうことが求められます。

他にもしっかりと睡眠をとることも大切です。
睡眠が十分にとれていないと体が体脂肪をためこんでしまうためです。

バランスの良い食事、運動、そして十分な睡眠、簡単に思われがちですがこの3つをきちんと毎日守ることで体脂肪は減らすことができるのです。
関連キーワード

関連記事