セラミドを食べ物から摂取する方法

セラミドを食べ物から摂取する方法

肌の保湿に関わる成分の一つセラミド。加齢と共に不足していくセラミドが、食べ物から摂取できるのを知っていますか?

セラミドってどんなもの?

そもそもセラミドとはどういったものでしょう。セラミドは、皮膚の表皮の中でも一番外側にある角質層にある細胞間脂質の一つで、細胞と細胞を接着させて剥がれにくくするものです。

このセラミドには、肌の水分を保持する働きとバリア機能の働きがあります。
天然の保湿因子であるセラミドは、肌の潤い維持に大きな役割を果たし、また、角質層を整えることによって、紫外線などの肌に有害なものから保護してくれます。

逆に言えば、セラミド不足に陥ると、外からの刺激に敏感になりやすく、肌荒れが起こったり炎症を起こすなどの肌トラブルに陥りやすくなります。つまりセラミドは、外側からは刺激に対して、内側からは保湿を維持することにより、肌の状態を美しく保つ成分なのです。

セラミドはどうやって摂取するの?

肌の保湿に必要なセラミドは加齢に伴い不足していきますが、食べ物から摂取することも可能な成分です。では、どのようなものから摂取すればよいのでしょう。

セラミドは身近な食物にも多く含まれており、摂取しやすい成分です。特に多く含まれている食べ物として、こんにゃくや黒豆、ひじきやコーヒーなどの黒色の食べ物が挙げられます。

その中でもこんにゃくは、セラミドの含有量が多いと言われています。価格が安いので購入しやすくカロリーも低いので、毎日の食事にも取り入れやすい食材でもあります。また、食べ物以外にもサプリメントでセラミドを摂取する方法もあります。毎日の食事に取り入れるのが難しい場合は、サプリメントを利用して効率よく摂取するのもいいでしょう。

効率よくセラミドを食べ物から摂取する方法

セラミドをより効率よく食べ物から摂取するには、どのような方法があるのでしょうか。それには、セラミドの生成を助ける成分や、セラミドを運びやすくする成分を一緒に摂取するのが良いでしょう。例えば、カリフラワーや玉ねぎなどの色の白い食べ物は、血行を促進する作用があり、セラミドを体の隅々まで運んでくれます。

また、肌の新陳代謝を助けてくれるビタミン類は、セラミドの生成促進の助けになるので、ビタミン類が多く含まれている豚肉や柑橘類などと一緒に、セラミドを含む食品を摂取するようにしましょう。また、緑黄色野菜には、ビタミンを含む他、抗酸化作用もあるので、セラミド生成の邪魔をする活性酸素を取り除く作用もあります。このように、様々な栄養素と合わせてセラミドを摂取するようにしていきましょう。
関連キーワード

関連記事