ニキビのアクネ菌にも働きかける家庭の常備薬「オロナイン」

ニキビのアクネ菌にも働きかける家庭の常備薬「オロナイン」

常備薬・オロナインには、様々な効能があります。その効能を活用する先のひとつがなんとニキビ。ご利用の際には使用方法を読み、正しく使いましょう。

ニキビ跡にも万能薬・オロナイン

気軽に手に入れられるオロナインH軟膏は、古くから日本人家庭の常備薬として親しまれています。主な効果は殺菌、そして保湿です。

オロナインを塗ったに部分は、殺菌、消毒、そして保湿ができるというわけです。オロナインにはたくさんの効能が明記されており、まさに万能薬。しかし、ニキビに関しては万能ではありません。効果があるニキビと、まったく効果が出なくて逆に悪化させてしまう可能性のニキビもあります。

ニキビには赤いニキビ、白いニキビ、そして黒いニキビがありますが、この中で、オロナインが一番効果を発揮するのが、赤いニキビです。赤いニキビは毛穴がつまり、アクネ菌が増殖している状態ですが、このような場合はオロナインで殺菌することでニキビが悪化するのを防ぐことができます。

オロナインの使用上の注意

赤いニキビにはオロナインを塗ることで、アクネ菌の増殖を防ぐことがわかりました。しかしあくまでオロナインは、アクネ菌の増殖を防ぐためのもので治すものではありません。

そして白いニキビと黒いニキビには合いません。白いニキビも黒いニキビも、毛穴に皮脂や汚れが詰まってしまったニキビですが、これらのニキビにオロナインを塗ると、汚れがつまったまま毛穴をふさいでしまうことになり、その結果ニキビを悪化させてしまう危険がでてきます。

ニキビ跡にもオロナインの効果は期待できません。オロナインは皮膚表面の殺菌にはそのパワーを発揮しますが、内部には浸透していかないのです。オロナインは、赤ニキビの悪化を防止するものとして使用するのがおすすめです。

ニキビ予防で大切なこと

すでに出来てしまったニキビやニキビ跡は、新陳代謝を促すことで徐々に改善されていきます。でも、これ以上ニキビで悩まされないためには、ニキビの予防対策をすることが大切です。

ニキビ予防で一番大切なことは清潔であること。こまめな洗顔が、ニキビ予防への第一歩となります。しかし、洗顔ばかりしていると肌が乾燥してしまいがちになります。ニキビの最大の要因は余分な皮脂分泌ですが、乾燥も大敵です。

皮脂が多い方はしっかりと洗顔し、乾燥している方はしっかりと保湿を行うようにしましょう。洗顔のコツは、ぬるま湯で行うことです。まずぬるま湯で毛穴を開きます。泡立てネットがあれば、ぬるま湯で洗顔料をしっかり泡立てます。このときの泡は弾力のある泡を目指します。こうして作ったモコモコの泡を顔に乗せて、円を描くように顔全体を洗って終了です。
関連キーワード

関連記事