気になるニキビ跡に効果的な美容液

気になるニキビ跡に効果的な美容液

ニキビの跡が残ってしまってどうにかしたい!そんなニキビ跡対策に効果のある美容液を紹介します。

ニキビ跡にはタイプがある!

できてしまったニキビが治ったと思ったら、跡が残ってしまった、という経験をした方は多いと思います。ニキビができるのも悩むけれど、ニキビ跡はしっかりと消したい!けれど、そのニキビ跡にはタイプがあるのをご存知でしょうか。

ニキビ跡には三つのタイプがあり、それぞれの症状によって残る跡が違います。一つ目は、ニキビが炎症を起こしたことにより、周囲の血液循環が滞って残った赤みのあるタイプ。二つ目は肌が強い刺激を受けメラニンが生成されて残る茶色のシミや色素沈着するタイプ。

三つ目は、肌の深い部分までダメージが起こった凸凹のクレータータイプのニキビ跡です。それぞれ、できたニキビの状態がどんなものであったかにより、異なったニキビ跡になってしまうため、そのニキビ跡に合った美容液を使うことが重要になってきます。

ニキビ跡のタイプで成分を選ぼう!

残ってしまったニキビの跡を治すには、どのような成分が有効なのでしょう。ニキビができてしまったときによく聞くのがビタミンを摂ることですが、ニキビ跡にもビタミンは有効です。

特にビタミンCは皮膚の炎症や皮脂を抑える効果があるので、美肌にも良い成分ですが、ビタミンCをそのまま肌に浸透させるのは難しいため、ビタミンC誘導体が配合された美容液を使用しましょう。

これは特に、赤みのあるタイプのニキビ跡や、色素沈着のあるニキビ跡に効果が期待できます。また凸凹のニキビには、肌を回復させることが重要になってきます。特にターンオーバーを促すことで肌は回復していくので、ヒアルロン酸やビタミンが配合されたヒアルロン酸が使用されている美容液を使うことにより、肌の新陳代謝を促進させて治していきます。

使用方法を守って使おう!

美容液を使う際には注意しなければならないことがあります。まず、美容液が水溶タイプの場合、先に油分でできている乳液やクリームを使ってしまうと、美容液を付けてもはじかれて肌の角質層まで浸透しない、という可能性があります。

美容液を使用するなら、その美容液に記載されている方法を守るようにしましょう。また、美容液は、濃縮された成分が配合されているため、肌に合わずに赤みが出るなどのトラブルを起こす可能性もあります。

また、肌が敏感になっている時には、湿疹など別の肌トラブルに見舞われる可能性もあります。美容液を使う際には、まずパッチテストを行ってトラブルが起きないかを確認することが大切です。また、使用した際に肌トラブルが起きた時は、皮膚の専門医に見てもらうようにしましょう。
関連キーワード

関連記事