オイル美容は乾燥肌のスキンケアにも意味がある

オイル美容は乾燥肌のスキンケアにも意味がある

いま流行の兆しを見せているオイル美容。乾燥肌のわたしにも効果があるので?オイル美容と乾燥肌のスキンケアについて紹介しています。

乾燥肌にも効くの?オイル美容って何?

油分は健康な肌であり続けるには欠かせない成分です。それでは、今流行っているオイル美容は乾燥肌の人にオススメなのでしょうか?オイル美容とは、オイルを利用したスキンケア全般を指します。お手入れの方法は色々あります。以下に挙げてみます。

スキンケアの一番最後にオイルを塗る、洗顔後にまずオイルを塗る、化粧水に混ぜて使う、ファンデーションなどメイク用品に混ぜる、マッサージの時に使う、シャンプーした後にオイルを塗ってから髪を乾かす、お風呂上がりに塗って保湿をするなどです。

スキンケアだけでなく、メイクにも使えたり、身体だけでなく髪にも使える万能なところが人気です。オイル美容でよく使われるのは、ホホバオイル、アルガンオイル、ココナッツオイル、オリーブオイルなどの植物由来のオイルで、オーガニック素材のものが特に人気です。

乾燥肌の人にオイル美容はどんな効果があるの?

オイル美容の効果は、保湿ができることです。スキンケアの一番最後にオイルを塗ると保湿効果が上がる、というお手入れ方法について考えてみましょう。一般的なスキンケアの順番だと、化粧水で肌に水分を与えた後にオイルを塗るということになります。この順番でオイルを塗るとしっとりして、乾燥肌が気にならなくなります。肌の表面には、皮脂と汗が混じり合った油膜があるので、元々脂分は肌と相性が良いです。

肌に水分だけ与えるとはじいてしまいますが、油分を与えると油膜となじみます。肌に油分を与えると、短時間で浸透し、しっとりした感じになります。肌の表面にある油膜は、角質層にある水分が蒸発するのを防いでくれます。その為、乾燥を防ぐ効果も期待できます。

乾燥肌へのオイル美容の注意点

肌をしっとりと保湿することができるオイル美容ですが、注意点があります。まず、オイルを塗っても水分蒸発を100%抑えられる訳ではない、という点です。乾燥するまでの時間を遅くすることが出来る程度です。

さらに、オイルを塗っても水分蒸発はしていきますが、表面にオイルがあるとしっとり感が持続する為、乾燥していることに気付きにくくなってしまいます。その結果、乾燥肌が進行していても気付かない可能性があります。また、肌にオイルを塗ると、その上から水分を補えなくなります。

乾燥肌の人は、水分を維持する肌の機能が加齢と共に衰えていく為、シワやシミの原因となります。その為、朝のみでなく日中も保湿ケアをしなければなりませんが、オイルを塗ってしまうとそれが出来ません。オイル美容は一時的な乾燥は防げても、根本的な乾燥肌の改善は出来ません。
関連キーワード

関連記事