ダイエットの停滞期の上手な乗り切り方!

ダイエットの停滞期の上手な乗り切り方!

ダイエットには停滞期が必ずと言って良いほど訪れます。その上手な乗り切り方をご紹介します。

何故ダイエットには停滞期がやってくるの?

人間の身体の働きは神秘的です。ある一定のライン以下に体重減少が進んだ時に、それ以上体重減少が進まないようにストップをかける働きがあります。それ以上体重を減らしてしまっては危険なので、命を守ろうと身体が判断するのです。その機能を「ホメオスタシス機能」と言います。

食事から吸収するエネルギーの吸収率を高めて、消費するエネルギーを減らして、体内に温存しようとする働きです。食べる量が減った時に、少ない食べ物でも生き延びることができるようにしようとする本能的なものです。

しかし、これはダイエットをしたいと願っている人にとっては困ったことですね。ダイエットをしている時に体重減少が止まってしまう停滞期が起こる原因は、このことにあったのです。

ダイエットの停滞期が来たらどうやって乗り越えたらいい?

ダイエットの停滞期に焦って無理なダイエットを行ってしまうと、逆効果になります。順調に体重が減っていたのに急に減らなくなってしまった時は、焦らず、これまでにしてきたダイエットを継続していくことが大事です。

これまで順調に減った体重が急に減らなくなった時は、今までしてきたダイエット法を見直すチャンスです。体重が順調に減っている時は、「少し位食べても大丈夫」と、高カロリーのものを摂取していませんでしたか?高カロリーのものや糖質の多いものを「少しだから」と食べていると、停滞期を長引かせる危険があります。

運動は必ず行います。長期間にわたってダイエットをしている人は、運動に対する負荷を少しずつ上げていきましょう。どんな時に体重が増えて、どんな時に体重が減ったか、自分なりの体重の変化をつかみましょう。

ダイエットの停滞期こそ、モチベーションを上げよう!

ダイエットの始まりと終わりを決めるのは自分です。停滞期で体重が落ちにくくなってくると、「もうやめようかな」と思ってしまうかもしれません。でも、そこでやめてしまっては、今までせっかく努力してきたものが水の泡です。

ダイエットに対するモチベーションが下がって来てしまった時は、何故ダイエットをしようと思ったのかを思い出して下さい。また、痩せてきれいになった自分を想像して、どんなに良いことがあるかを妄想するのも1つの手です。ダイエットをしていれば必ずやってくる停滞期。

でも、停滞期はいつまでも続く訳ではありません。今まで行ってきたダイエット方法を見直して、改善出来るところは改善していけば、また体重が減っていく日は必ず来ます。
関連キーワード

関連記事