保湿クリームのおすすめの使い方って?

保湿クリームのおすすめの使い方って?

毎日のスキンケア、なんとなく行っていませんか?保湿効果を最大限に引き出すおすすめのクリームなどを紹介します。

保湿用クリームの働きって?

保湿クリームは、その名の通り潤いを保ってくれるクリームですが、肌の上でどのような働きをしてくれるのかご存じでしょうか?そもそも人間の皮膚の潤いは、皮脂、天然保湿因子、角質細胞間脂質の3つの要素で守られています。これら3つの保湿因子が加齢などにより減少することで、角質層の水分量が減少し、皮膚が乾燥してしまうのです。

乾燥対策なら、化粧水で保水するだけでいいのでは?と思われるかもしれませんが、アルコールを多く含む化粧水を多用するとアルコールの蒸発時に一緒に水分も蒸発してしまい、さらなる乾燥を引き起こすことも…!

保湿クリームは、化粧水で保水した後に肌に蓋をして、潤いを閉じ込める役割を果たしてくれるものなのです。特に、角質細胞間脂質と同じ成分を含む保湿クリームを使用することで保湿効果を高めることができると言われています。

保湿の前にはきちんとクレンジングと保水が大切!

保湿クリームを塗るだけではその効果を最大限に得ることはできません。保湿クリームを塗るまでのスキンケアもとっても大切!お肌の洗いすぎは乾燥の原因になります。クレンジングをするときには自分の肌に合うもので、擦らずにしっかりと乳化させて行うこと。

洗顔はぬるま湯で汚れを落とした後、しっかりと泡立てた洗顔料でふわふわと優しく行いましょう。次に化粧水ですが、アルコールが含まれて居る化粧水をあまり頻繁に使用するのも良くありません。また、お肌を叩くように化粧水をつけるのもNG!手のひらの温度でじっくりと浸透させるようにしましょう。

最後に保湿クリームですが、角質細胞間脂質の一つであるセラミドや、それに類似する成分の含まれているものを化粧水の後に薄く塗りこみ、最後にハンドプレスでぎゅっと密着させましょう。

保湿クリームで毛穴ケア!

気になる小鼻や頰の毛穴も、実は保湿不足で起こっています。肌は乾燥していると過剰に皮脂を分泌してしまい、それが原因で毛穴がつまり、そのつまりのせいで毛穴がどんどん広がってしまいます。脂っこいから保湿はしないはNG!

乳液と保湿クリームのダブル使いで、ふっくら肌とキュッとしまった毛穴を目指しましょう。乳液と保湿クリームはなんとなく似ている気がして、どちらかしか使用していないという方もいらっしゃるかもしれませんが、乳液は水分を与え肌の柔軟性を高めるもので、保湿クリームはその肌にラップをかけて水分を保持するためのもの。それぞれの特性を理解して上手に使用しましょう。

乳液で水分を補給したら保湿クリームを両手に伸ばし、肌と同じくらいの温度にしてから少量ずつ肌につけ、内側から外側に向けてクリームを広げればOKです。
関連キーワード

関連記事