見た目が気になるほうれい線改善方法は?

見た目が気になるほうれい線改善方法は?

ほうれい線は年齢とともに目立つため、見た目年齢を若くする対策が必要です。

ほうれい線が出来る原因を知ろう

笑いシワともよばれるほうれい線ですが、年齢とともにどうしても目立ってしまうようになってきます。

これは年齢とともに肌の水分量が減ることやコラーゲンなどが減少することが原因と言われていますが、実はそれだけではなく日頃の生活習慣なども大きく影響しています。そのため肌の保水や保湿だけを重点的に行ってもそれ以外の原因によりほうれい線が目立つ場合もありますし、ほうれい線が目立ってくると見た目の印象も一気に老けて見えます。

一度目立ち始めたほうれい線をそのまま放っておくとどんどんそのシワは深く濃くなっていくため、さらに見た目の印象を悪くすることにもなりかねません。そのためほうれい線が出来る生活習慣を見直すことが重要となり、そのために必要となるのが顔のストレッチと目の疲れを取ることです。

顔のストレッチでほうれい線を解消し見た目も若々しく

年齢とともにほうれい線が目立ち始めるのは、顔の筋肉の衰えが始まるため頬などのハリを維持できなくなるためです。

顔の筋肉を意識して鍛えている人は非常に少ないといえますので、多くの場合自分でも気が付かない間に筋力が衰え始め徐々に肌のたるみを引き起こすことになります。しかし筋肉というものは意識的に鍛えれば年齢に関わらず筋力アップさせることが可能であり、ほうれい線の原因となる顔の筋力の衰えに関しても改善することが出来ます。

筋力さえ改善できれば肌のハリを取り戻すことが可能となるので、見た目の印象も若々しくなりますしたるみが消えることによりぴんとハリのある肌をキープすることが可能になります。そのため顔のストレッチを継続的に行い、筋力を落とさないことが重要となります。

目元のケアがほうれい線を消すためのケアにもなる

ほうれい線による見た目の印象を気にする場合には、まず目元のケアを行う必要があります。現在では仕事やプライベートでパソコンなどを使用する機会も多く、それによる目の疲れを引き起こす可能性が高くなります。

目の疲れは目の周りの筋肉を疲労させクマを作りやすくなりますが、このクマというのは血行不良によるものが多く、その血行不良により見た目の印象も悪くなります。さらにクマが出来ることは目の下の筋肉の衰えによるたるみにも繋がるため、それが原因でその下のほうれい線にも多大な影響を与えることになります。

これを改善するためには目の周りの血行促進をはかり、血流改善を行うことが重要です。そうすることで疲れた筋肉を癒すことも出来ますし、見た目の印象を改善することが出来ます。
関連キーワード

関連記事