近年増加中!女性の薄毛について医師に聞きました

近年増加中!女性の薄毛について医師に聞きました

薄毛に悩んでいる女性、実は意外と多いのではないでしょうか?今回、東京皮膚科・形成外科のドクター、白石美緒先生に薄毛についてお話を伺いました!
教えてドクター! 女性のための最新薄毛治療って? 白石美緒先生

女性の薄毛の悩みにはどんなものがあるか

薄毛は男性だけでなく、女性も悩んでいる方が多いのだそう。
薄毛に関して白石先生にお話を伺うことができたので、早速ご紹介致します。

女性の薄毛の悩みには、具体的にはどのようななものがあるのでしょうか?

「女性の薄毛の症状は大きく6つに分けられます」(白石先生)

それぞれ症状が異なるため、悩んでいる人はまず自分がどのタイプなのかを把握することが大切ですね!

ではその6つ症状とは一体どのようなものなのでしょうか?

「1つ目は【瀰漫(びまん)性】です。
薄毛に悩む女性の中で最も多いと言われるのがこのびまん性脱毛症です。
男性型脱毛症は特定の部分が薄くなる症状が多く見られますが、びまん性は髪全体の毛が抜けて薄くなります。
主な原因はストレスやダイエット等によるホルモン分泌の異常、投薬などさまざまです」(白石先生)

「2つ目は【円形性】です。
頭髪が円形または楕円形に突然脱毛してしまうのがこの円形性脱毛症です。脱毛する部位の大きさは豆粒程度から500円玉以上までさまざまです。
抜け毛が突然増えたと感じたら、円形脱毛症を疑ってみる必要があります」(白石先生)

髪が少しでも薄くなってきたと感じたら、頭部全体をチェックしてみるようにした方が良いそうです。
1人で悩まず、気になったら相談してみましょうね!


「3つ目は【牽引(けんいん)性】です。
髪の長い人に多く見られる症状で、名前の通り、ポニーテールやアップスタイルなどにより、髪の毛が引っ張られることが主な原因です。
多少引っ張った程度では髪が抜けることはないですが、ポニーテールなど、過度に引っ張られている状態が長時間続くと薄毛の原因となってしまいます。髪を強く束ねると、頭皮自体に負担がかかるため、基本的には負担のかからないような髪型に変えることによって回復します」(白石先生)

「4つ目は【分娩後】です。
出産後、一時的に髪が抜け落ちてしまう事がありますが、その多くは分娩後脱毛症です。女性特有の薄毛、抜け毛の症状の1つです。授乳を終える頃には回復している事が多く、だいたいは出産後6ヶ月~1年程度で自然回復してきます」(白石先生)

どちらも女性ならではの悩みですよね。
女性はやはり髪を結う機会も多いので、そのような普段の何気ない習慣が薄毛に繋がることもあるとは、本当に驚きです。

「5つ目は【粃糠(ひこう)性】です。
頭皮環境が悪く、フケが多量に出る場合になりやすいのがこの粃糠性。
頭皮に合わないシャンプー剤などを使用したり、整髪料の使いすぎや、不規則な生活習慣など、フケが出る原因はさまざまです。このフケが毛穴をふさぎ、脂が毛穴の中に溜まってしまうと、血液中の栄養素が細胞まで行き届かなくなってしまうために脱毛してしまいます。
この場合、医師による適切な治療をうけ、生活習慣の改善をすることが重要です」(白石先生)

「6つ目は【脂漏性】です。
過剰な皮脂の分泌による脱毛症です。
頭皮に合わないシャンプー剤の使用や、髪を洗う際にすすぎがしっかりできていない状態、乱れた食生活を続けていると、過剰に皮脂が分泌されるようになってしまいます。毛孔が皮脂に漬かり、毛母細胞が大きなダメージを受けてしまう事発症の誘発原因です。
脂漏性皮膚炎を引き起こす場合もあるので、早めの対処が重要です」(白石先生)

女性の薄毛は、本当に様々なことが原因で起こっているのですね…。
薄毛を予防するためにも、普段からできる対策やケアはあるのでしょうか?こちらも合わせてお聞きすることが出来たので、早速見ていきましょう!

薄毛に対して自宅でできるケアや食事法は?

薄毛対策が自宅でもできたら良いですよね!
薄毛に対して自宅でできるケアや食事法はあるのでしょうか?

「実は、食事による薄毛の対処法はありません。
例えば髪に良いとされるワカメ等も実は、食べる事で髪が生えるという事ではないのです。
ただ、健康全般に言える事ですが、規則正しい食生活を心がける事で結果頭皮の環境も整えられるという事はあるので、食生活を整える事は大切です」(白石先生)

食事を変えただけではやはり薄毛対策にはならないのですね。
しかし、食生活を改善することで頭皮の環境を整えることに繋がるのであれば、健康のためにも見直していきたいところです!

「また、頭皮をマッサージしてあげると血行が促進され、髪が生えやすい状態になります。
あとは、シャンプーや整髪料をしっかりとすすいで落とすことが薄毛の予防として重要です」(白石先生)

シャンプーをよくすすいだり、頭皮マッサージをしたりということは、今日からでもすぐに取り入れることのできるケアですよね。
毎日のことだからこそ、すぐに実践していきましょう!
■監修
白石 美緒 先生
東京皮膚科形成外科 イーストワン皮膚科形成外科 皮膚科医・形成外科医

関連記事