目のクマを撃退!タイプ別の目元ケア対策

目のクマを撃退!タイプ別の目元ケア対策

寝不足や眼精疲労などの血行不良でできてしまうクマ。自分のクマはどのタイプなのかを知って、「どんより顏」を解消しましょう!

自分のクマタイプを知って目元ケアをしよう

クマには3種類あります。タイプによって原因が異なるので、自分がどのタイプのクマなのかチェックしてみましょう。

【青クマ】
皮膚を少し引っ張ると目立たなくなるのが特徴。
寝不足や疲れ、冷え性で、血行不良を起こしている事が原因と言われています。一般的にはこの「青クマ」の人が多いようです。

【茶クマ】
皮膚を指で動かしても変わらないのが特徴。
目元をゴシゴシこすってしまった時の摩擦や、化粧品がきちんと落としきれていない事が原因で、色素沈着を起こしてしまった状態です。

【黒クマ】
上を向くと目立たなくなるのが特徴。
別名「たるみクマ」とも言われていて、加齢によるたるみが原因のようです。色素沈着や血行不良ではなく、たるみによって影ができてしまっている状態です。

タイプ別のクマに合ったメイク方法

クマを隠すポイントは、クマに合ったコンシーラーやコントロールカラーを使う事です。ただコンシーラーを塗ればいいというわけではありませんよ。

【タイプ別のクマを隠すポイント】
・血行不良による青クマ・・・「オレンジ色」のコンシーラー
・色素沈着による茶クマ・・・「イエロー」のコンシーラー
・たるみによる黒クマ・・・「オレンジ色」のコントロールカラー

メイクをするときは、肌の色と同じもを使わないのがポイントです。肌の色に合わせて隠そうとしてしまうと、かえって色が沈んでしまうので注意!
また、つけ過ぎてしまうとよれやすくなり、目元の疲れが余計に目立ってしまいます。ポンポンと軽く叩きながら、少しずつ色を重ねていきましょう。

クマをキレイに抑えられると、なんだか気分も上がりますよね。タイプ別のクマ対策を実践して、若々しい目元を目指しましょう。

関連記事