もしかして損してる?美容の味方「納豆」の効果的な食べ方とは

もしかして損してる?美容の味方「納豆」の効果的な食べ方とは

美容効果抜群のスーパーフードとして注目度の高い納豆。だけど、食べ方一つでより効果がアップするって知っていましたか?その方法をご紹介します!

納豆がスーパーフードと呼ばれる7つの美容ポイントとは

日本の伝統的な食材として親しまれている納豆。
その特徴から好みが分かれる食べ物ではありますが、好んで摂る方が多い食品でもあります。
美容効果抜群!豊富な栄養素を含んだスーパーフードの魅力に迫りましょう。

【納豆の美容ポイント7つ】
納豆にはたくさんの美容効果が期待できますが、主な特徴は次の7つ。

(1)血液をサラサラに…納豆だけに含まれる酵素「ナットウキナーゼ」が血流を正常化してくれる
(2)デトックスに…豊富に含まれる「食物繊維」によって、整腸効果が期待できる
(3)代謝UP…納豆に含まれる「タンパク質」が、基礎代謝を高め筋肉を作るサポートに
(4)エイジングケアに…納豆に含まれる「ポリアミン」が、新陳代謝を高め老化を防止してくれる
(5)美肌ケアに…納豆に含まれる「レシチン」が、毒素を排出しニキビやシミなどの肌トラブル回避へ
(6)疲労回復…納豆に含まれる「ビタミンB群」が、目や身体の疲労を取り除いてくれる
(7)健康のサポートに…納豆に含まれる「大豆イソフラボン」が女性ホルモンの働きを助け、骨の病気や更年期障害などの抑制が期待できる

スーパーヒーロー「納豆」で、おいしい菌活を始めよう!

1粒のお米に7人の神様。そして、3粒の納豆に100億個の納豆菌。たんぱく質やビタミンなどが豊富で、100度を超えても死ななくて、なんと胃酸にも負けなくて、腸の中で善(玉菌)を助け、悪(玉菌)をくじく。もはや菌界の水戸黄門、いいえ、スーパーヒーローといってもいいのが納豆菌です。

この菌のパワーを上手に摂り入れる方法を調べてみました。

●食べる頻度は? 摂りたい量は?

食べた菌は便として体外に出てしまうので、やっぱり毎日続けて摂るのが大切なんだそう。かといって、1日に2パックより多く摂るのはちょっと食べ過ぎかも? 目指せ、1日1パックです。

ちなみに、パックの中でもじわじわ発酵が進んでいるそうで、賞味期限ギリギリで食べるのも良いそうですよ。

●混ぜると栄養価が高まるってほんと?

よく聞く話ですが、これは残念ながら納豆都市伝説の一つのようです。おかめ納豆で知られるタカノフーズさんも「栄養価は混ぜる回数に影響は受けないと言われています」と公式サイトのQ&Aに記載されていました。

その代わり、混ぜると空気を含んでまろやかになり、美味しく感じるのは本当みたいですよ! ぜひ今夜の納豆から。

●納豆菌は乳酸菌とタッグを組ませろ!?

昨年、彗星のように登場して多くの人が二度見した「すごい納豆 S-903納豆」は、タレの中に乳酸菌を配合したものでした。なんでも、乳酸菌と納豆菌を一緒にすることで免疫パワーが1.5倍になったそうです。ということは、キムチやお漬物と一緒に食べるとヘルシーな効果が期待できる!?

余談ですが、最近の納豆界には「すごい納豆 S-903納豆」のほかにも「金のつぶ! たれたっぷりたまご醤油たれ」など、”フレーバー納豆”なる新顔も登場。納豆好きのみなさん、まだまだ納豆の動向から目が離せませんね!

(※本記事は2016年11月7日に公開したものを再編集しています)
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事