マスクがチクチクして痒い…!そんな時の原因と対処法とは?

マスクがチクチクして痒い…!そんな時の原因と対処法とは?

風邪をひいている時や、風邪予防のためにもマスクを使いますよね。敏感肌や混合肌の人はマスクをつけていて痒くなったことはありませんか?冬は乾燥しているのにマスクの中は高温多湿。その痒み口周りの「雑菌」のせいかも…。

マスクをつけていると痒い…その原因とは

マスクをつけることによって、耳にかける紐の部分、肌に直接当たるマスクの縁部分の摩擦によって肌が炎症を起こし、痒くなります。
また不織布マスクを使っている場合、繊維の毛羽立ちや素材自体の成分によって肌が痒くなることもあるそうです。
そしてもう一つの理由が、マスク内は自分の呼吸により高温多湿となり、これが肌についた雑菌を増やし、ニキビができやすいので痒くなるということもあります。

ではどんなマスクを選べば良いのか?
次に紹介していきます。

痒くなりにくいマスクと痒い時の対処法

・マスク選びで敏感肌用を選ぶ
肌に刺激のある材料、インク、染料、ラテックスを使っていないマスクや、敏感肌用を選ぶ。マスクにお化粧がついても汚れたら捨てられるので、衛生的ですね。

・コットンマスクにする
給食の時につけていたようなマスクだと痒みが出る方は比較的少ないようです。

また、コットンマスクは洗って使えるので経済的です。
可愛いコットンマスクやオーゲニックのものもネットで販売されているので、一枚買ってたまには不織り布マスクと入れ替えて使ってみるのも良いかもしれません。

・口の周りをふく
マスクをつけていて高温多湿になっている口の周りを、タオルで拭いて上げるだけで、雑菌の繁殖を防げます。
雑菌除去用のスプレーをマスクにふりかけるのも効果がありますが、こまめにマスクを取り替える方が良いです。

・それでも痒い時
マスクと肌の間にやわらかい布やガーゼをはさむとマスクの刺激が軽減されます。

しっかりと快適に風邪予防していきましょう。
関連キーワード

関連記事