今のうちに忘年会太りを解消しよう!小豆茶の効能と自宅で作る方法

今のうちに忘年会太りを解消しよう!小豆茶の効能と自宅で作る方法

最近、コンビニで小豆茶というものを発見し飲んで見ました!小豆には女性に優しい効能がたくさんあり、むくみにも効くそうです。今のうちに忘年会太りを解消し、新年会に備えるためにも毎日、自宅で作って飲みたいものですね。

小豆茶の効能とは

忘年会も終わり次は新年会がやって来ますね。年末年始の食生活で塩分や糖分を普段よりも多く摂取していると思います。
朝起きるとなんだかむくんでいるな、なんて方もいるかもしれません。そんな時はむくみをとる効果がある「小豆茶」がオススメです。
小豆茶には利尿作用があり、余分な水分とナトリウムを体外へ排出し、腎臓の機能を高め、「むくみ」を解消してくれる力があります。
その体内の余分なナトリウムを尿として出してくれる成分がカリウムです。
乾燥した小豆で100g中、約1500mgのカリウムがあります。カリウムを多く含むといわれている食材であるバナナでさえ、100g中350mg程度なので、小豆の余分なナトリウムを排出する力はすごいものです。
またカリウムには血液の量を適正に保ち、血圧の上昇を防ぐ効果もあります。
カリウムの他にも鉄分、ビタミンB1、食物繊維、サポニンなども小豆には含まれているので、積極的に取り入れていきたい食材ですね。

小豆茶の作り方

普段の生活の中で小豆を取り入れるならお茶にして飲むのがいいと思います。
小豆茶は先ほどの効果とノンカフェインでもあるので、カフェインが苦手な方や妊婦さんも安心して飲めます。

○小豆茶の作り方
【材料】
小豆
水 500ml
【作り方】
1.小豆を軽く水洗いする
2.フライパンで8分〜10分乾煎りする
3.熱が取れたら常温で保存、1週間持ちます。
4.別の鍋に水500mlを入れ、先ほどの煎った豆を大さじ3杯入れ7分煮出して小豆茶の出来上がり。

ほんのりと小豆の味がして美味しいですよ。
ぜひ試してみてくださいね。むくみをとって新年を爽やかに過ごしましょう。
関連キーワード

関連記事