痩せる体を取り戻そう!オメガ3脂肪酸が含まれている食材とは

痩せる体を取り戻そう!オメガ3脂肪酸が含まれている食材とは

アンチエイジングや生活習慣病の予防に最近注目されている「オメガ3脂肪酸」。意外にも私たちの身近な食材に含まれています。簡単に摂取できるので、毎日の食事に取り入れたいですよね。「オメガ3脂肪酸」の取り扱い方も調べてみました。

オメガ3脂肪酸とは?本当に痩せるの?

オメガ3脂肪酸には血液をサラサラにする効果があり、血行を良くしてくれることから、代謝がアップします。オメガ3脂肪酸を摂ってから簡単な運動をすると脂肪が燃えやすいということで、ダイエットにも効果があると言われています。

また継続して摂取することにより中性脂肪を減らす作用があるので、脂肪の蓄積抑制も期待できます。
さらに肌の代謝アップにも貢献します。ターンオーバーが促進され、シミにも効果があると言われています。

その他のオメガ3脂肪酸の働きは
・高血圧の予防
・脳機能の活性化
・うつやアレルギーの抑制
・免疫力の強化

などが挙げられていますが、本当にすごい食材ですよね。1日に約2gを目安に摂ると良いですよ。

オメガ3脂肪酸を多く含む食材

オメガ3脂肪酸を多く含む食材には青魚、植物油、ナッツ類が挙げられます。
中でも
・サバ
・アジ
・サンマ
・イワシ
・くるみ
・亜麻仁油
・しそ油
・大豆

などがオメガ3脂肪酸を多く含む食材と言われています。

くるみでしたら1日25g(7粒程度)、亜麻仁油でしたらスプーン小さじ1杯がオメガ3脂肪酸の1日の摂取量の目安です。

サラダに亜麻仁油、醤油、マヨネーズをかけると即席ドレッシングになり、美味しいですよ。簡単に取り入れやすいので、おすすめです。

ただオメガ3脂肪酸は油なので、とてもデリケートな部分を持っています。亜麻仁油は遮光し冷蔵庫に保存しないといけないので、瓶などのガラスの場合はアルミホイルを巻いて冷蔵庫に保存する必要があります。亜麻仁油を買う場合は、できるだけ大容量のものを買うよりも数週間で使い切れるような小瓶のタイプにした方が、より効果が期待できますよ。酸化した油は体に良くない作用をもたらすこともあります。

オメガ3脂肪酸を手軽に摂るにはサプリメントでも良いかもしれませんね。
関連キーワード

関連記事