これから歯列矯正をしたい方必見!意外な注意点とは?

これから歯列矯正をしたい方必見!意外な注意点とは?

最近、大人になってから歯並びを綺麗にしたいという方が増えているそうです。大人が歯列矯正をする際に気をつけなければならない注意点について、専門家の視点から紹介します。
教えてドクター! 大人のための歯列矯正が知りたい 岩城瑠美先生

歯列矯正をする前に必ずやっておかなければならない注意点

歯列矯正をする前には準備として必ずやらなければならないことがあるそうです。それは一体何なのでしょう?
さっそく「吉樹デンタルクリニック」の副院長岩城瑠美先生にお話を伺ってきました。

歯列矯正の前にやっておかなければならないこととはズバリ何でしょうか?

「それは虫歯治療です。虫歯と歯列矯正と聞くと、一見関係のないもののように思う方も多いかもしれませんが、歯列矯正をする前に虫歯の治療をしておかないと大変なことになる場合があります。矯正の装置は一般的に2〜3年は付けっぱなしになるので、もし万が一虫歯を治療せずに歯列矯正を始めてしまうと、器具を取る2〜3年後には虫歯が進行してしまって治療がかなり困難になることも考えらえます」(岩城先生)


実は虫歯は歯列矯正中にもできやすい?

「矯正中も虫歯には気をつけなければいけません」(岩城先生)

とおっしゃる岩城先生。

「器具をつけていると歯が磨きにくくなるので、今まで通りに磨いていても磨き残しが増え、虫歯になりやすくなってしまいます。歯とブラケット(金属の矯正器具)の間の小さな隙間にできた虫歯に気付かず放置してしまうと、器具を外した後に綺麗になった歯をまたすぐ治療をしなければならなくなります」(岩城先生)

しっかり磨いて虫歯予防しましょう

それでは、歯列矯正中の虫歯予防にはどのような方法があるのでしょうか?

「磨き残しのない歯磨きをすることが何よりも大事です。通常の歯ブラシで磨いた後、フロスを使って歯間の汚れを取ったり、部分磨き用歯ブラシで磨きにくい部分もしっかり磨いて日常的にケアするのがオススメです」(岩城先生)

歯列矯正中はいつも以上にしっかり歯を磨いて虫歯を予防することが後の美しい歯のために必要だということがわかりました。
歯磨きグッズもどんどん進化しているので、楽しみながら歯のケアをしていきたいですね。
■監修
岩城 瑠美 先生
吉樹デンタルクリニック 副院長

関連記事