美と健康に大ダメージ!?つい︎やりがちなダイエット失敗例4つ

美と健康に大ダメージ!?つい︎やりがちなダイエット失敗例4つ

ダイエットを成功させ、理想の体型になることは憧れですよね。しかし、誤ったダイエットをしている方が多いのが現実。あなたは大丈夫ですか?

健康を害する?極端な制限ダイエットは体にダメージが…!

1.脂質制限

常に恐れられている脂質。
「油=太る」という考えが根付いているため、脂質を極力避けるようにしている方は少なくないです。
脂質で悪いのは、加工食品などに多く含まれるトランス脂肪酸。
しかし、体に良いとされるオメガ系の脂質(ココナッツオイル、エゴマ油、亜麻仁油、オリーブオイル)でさえも控えている方もいます。
脂質が不足すればお肌がボロボロになることも…。
美と健康を保つためには、良質な脂質はとても重要なのです。


2.過剰なカロリー制限

ダイエットでは、摂取カロリーと消費カロリーの関係性が大きいです。
今までの自分の摂取カロリーを知り、これまでよりも少なく減らすことが有効的です。
しかし、極端なカロリー制限は体にダメージを与える間違いダイエットです。
人は日常生活で、基礎代謝以上のカロリーを使って活動します。
それなのに少ないカロリーで活動しようとすると、基礎代謝も下がり、食べ過ぎた日には太りやすくなるような体質になってしまうので、注意しましょう。

知らずにやると怖いダイエット法!

3.単品ダイエット

よく、バナナダイエット・肉ダイエットのように、ある単品食材を食べ続けるような方法のダイエットがテレビなどでも特集されています。
次の日にはスーパーからその食材が消えていたり…なんてこともしばしばありますよね。

しかし、偏った食事のダイエットは、あらゆる体の機能にダメージを与え、正常に働かなくなってしまいます。
例えば、糖分の多い食事では、筋肉がつくられず太りやすい体質に。
また、肉ばかりの食事では便秘や体臭に悩まされることもあります。
様々な栄養素が組み合わさり、その相乗効果から痩せ体質になる事を覚えておきましょう。


4.間違ったファスティング

最も短期間で効果を実感でき、芸能人も多く実践している事から、ファスティングにトライする方もたくさんいます。
しかし、誤ったファスティングをしている方も多いのが事実。
ファスティングは始める前・終わった後が重要な事を知っていますか?
しっかりと体を慣らさないとリバウンドもしやすいだけでなく、体にダメージを与えます。
正しい知識を付けてから、ファスティングに臨みましょう。

関連記事