脂肪になるのをストップ!48時間以内に食べ過ぎをリセットしよう

脂肪になるのをストップ!48時間以内に食べ過ぎをリセットしよう

最近食べすぎちゃったかも…なんて罪悪感を感じる事ありませんか?そんなときは、脂肪が蓄積されることを阻止できる48時間ダイエットがオススメ!

脂肪になる前に!食べ過ぎ後の48時間が勝負

クリスマスや忘年会、新年会と、年末年始は食べる機会が多くなり、気づいたら体重が増えていた…なんて事ありますよね。
しかも、定着してしまった体重は、なかなか落ちてくれません。1キロ落とすためには約7,000カロリーも燃焼しなくちゃいけないんですよ。
食べ過ぎたと思ったら、早めのリカバリーをすることが大切!食事は48時間以内にリセットするのがポイントなんです。

1日に必要なカロリーを超えて過剰に摂取したエネルギーは、約48時間、肝臓やじん臓といった臓器に蓄えられたあと、少しずつ脂肪細胞に変換されます。
つまり、食べすぎた翌日に体重が数kg増えることがあっても、それは体についてしまった脂肪分ではないのです。
ポイントは、あまったエネルギーがお腹周りのお肉として蓄積されるまでの間に消費すること!

食べすぎてしまったら、48時間以内に調整することを心がけましょうね。

食べ過ぎたときは、脂肪になる前にストップ

【翌日の摂取量を調整】
食べ過ぎちゃったからといって朝ごはんを抜いてしまうと、昼食に食べたものが吸収されやすくなるそうです。軽めに朝食は摂りましょうね。
例えば、朝ごはん1/2→昼ごはん1食分→夜ごはん1/2で調整してみてはいかがでしょうか。

【要らないものを排出】
外食は塩分過多になりがちです。飲み過ぎ、食べ過ぎの翌日はむくみが気になる…なんて事はありませんか?
要らないものを排出するためには、利尿作用のある「お茶」がおすすめです。
アルコールを早く排出させるためにも、水分もたっぷり摂りましょうね。ルイボスティーや黒豆茶等がオススメです。


いつのまにか増えた分が定着しないように、毎日体重を測る習慣をつけましょう。
食べ過ぎたら早めの調整を心がけてみましょうね。

関連記事