夏とはどう違うの?冬の紫外線対策について

夏とはどう違うの?冬の紫外線対策について

「冬も紫外線対策は必要」とはよく言うものの、日差しが穏やかになってくるとつい怠ってしまいますよね。冬の紫外線対策は本当に必要なのでしょうか?

冬の紫外線は、夏とはどう違うの?

紫外線には、波長が長いA波と、波長が短いB派の2種類あります。この2つのうち、夏場のように肌が赤くなるような日焼けをもたらすのはB波です。冬場になるとB波の量は、真夏のピーク時と比較しておよそ1/4まで減少します。このため、冬には夏のような急激な日焼けをすることが少ないのです。

ここで注意したいのが、A波です。かつては、A波はB波に比べて肌にもたらす影響が少ないと考えられていました。しかし、A波こそが長期にわたって肌に影響を与え、しみやしわなどの原因となるということが近年の研究によってわかってきました。

波長の長いA波は、ガラスや窓などを通過しやすいことが特徴です。肌の表面のメラニンを増加させ、さらに真皮層にまで届き、弾力繊維にダメージを与えるそうです。冬に入れば量が減るとは言え、夏のピーク時の1/3程度は降り注いでいるそうです。これは、冬場でも30分日差しを浴びれば、夏場に10分日差しを浴びた事と同じくらいの量のA波を浴びてしまうという事になります。

冬の紫外線はどう予防すればいい?

冬の紫外線対策のポイントを抑えていきましょう。

【保湿力が高い日焼け止めがおすすめ】
冬は特に肌が乾燥しやすい季節です。肌の乾燥は、バリア機能の低下を招き、その結果紫外線の影響を受けやすくなってしまうそうです。日焼け止めを塗る前に保湿ケアをしっかり行いましょう。肌に優しいものや、保湿効果もある日焼け止めもあるのでおすすめです。

【日焼け止めは露出する部分に塗ろう】
冬場は、紫外線の量自体は少なくなるため、日常的にはそれほど強力な日焼け止めを使用しなくても大丈夫です。顔などの露出する部分には日焼け止めを使いましょう。

【ウインタースポーツなどにいく時は真夏と同じ対策を】
雪が積もっている所だと、降り注ぐ日差しのみならず、反射による紫外線も多くなります。スキーやスノーボードなど、アウトドアを楽しむ場合は、真夏と同様にPA値やSPF値が高い日焼け止めを使いましょう。

冬場は、夏に浴びた紫外線の影響を減らすことができる季節とも言えるので、冬もしっかりと紫外線対策をするように心がけましょう。

関連記事