かかとの辛いひび割れを解消して、かかと美人になろう!

かかとの辛いひび割れを解消して、かかと美人になろう!

冬になるとかかとがひび割れて辛い思いをされている方いらっしゃいませんか?ガサガサかかとをしっかりケアしましょう!

かかとがひび割れる原因とは?

普段あまり気にしない部分でもあるかかとは、気付いた時には乾燥してひび割れていたということはありませんか?
かかとは一度ひび割れてしまうと痛くて歩くのが辛くなったり、なかなか治りにくかったり厄介ですよね。
みなさん、かかとがひび割れる原因は乾燥だと思われていませんか?
実は、かかとのひび割れの原因は乾燥だけでなく、刺激や角質が厚くなること、水虫などが原因と言われています。

◯乾燥
足の裏は他の皮膚とは違い、皮脂が出ないため水分を保持することが難しく年齢とともに水分量が減るために気付いたときにはガサガサかかとになってしまいます。

◯刺激
かかとのケアを過度に行うなど刺激を与えすぎると、かえってひび割れの原因になってしまいます。
またかかとは、刺激を受けやすい部分で、歩行や運動、立ち仕事など外からの刺激が続くと、守ろうとする力が働き角質が分厚くなり、力が加わった時にひび割れてしまう原因になります。

◯角質
足の裏は体重がかかる部分で、皮膚を守るために皮膚が厚くなりやすくなっています。
特にかかとは体重がかかりやすい部分で、歩いたり走ったりする度に負担がかかってしまい角質が厚くなりやすくなります。

◯水虫
かかとにできる水虫は気付きにくく、気付いた時には症状が進んでいる事が多くカサカサになってしまいます。
角質が段々厚くなり、白い粉をふいたような感じになったら水虫を疑い医師の診断を受けましょう。

しっかりケアしてかかと美人になりましょう!

◯保湿をする
乾燥が原因のひび割れの場合は、保湿をすることが1番大切です。
お風呂上がりは乾燥しやすいので、すぐに保湿クリームなどで保湿をしましょう。
また、乾燥が酷い場合は保湿クリームを塗ったあとにラップをつけるとしっとりするのでオススメですよ。

◯裸足で歩かない
家の中を裸足で過ごすこともひび割れの原因に繋がります。
裸足で歩くことで乾燥してしまいますし、直接かかとに刺激がかかるので角質が硬くなってしまいます。
かかとにかかる負担を減らすことでひび割れを防ぐことが出来ます。

◯角質ケアを行う
保湿をしてもかかとのひび割れが改善しない場合は、角質ケアを行いましょう。
かかとに溜まった角質を削ることで、保湿成分が浸透しやすくなります。
角質ケアを行う時は、お風呂でしっかり皮膚を柔らかくして、力を入れず優しく円を描くようにしてください。

◯血行を良くする
冷え性などで血液の循環が悪い場合ターンオーバーが遅くなり、かかとの角質が肥厚しやすくなります。
分厚くなったかかとにひびが入ると深い傷となり、治るまでに時間がかかってしまいます。
全身の血行を良くするために、軽い全身運動や湯船に浸かるなど体全身を温めるように心掛けましょう。

◯食生活の改善
一度ひび割れてしまったかかとは、なかなか治りにくくなってしまいます。
保湿や角質ケアなど外側からのケアだけでなく、食生活を改善して内側からのケアも行うことが大切です。
大根やアーモンド、魚類、卵黄など含まれるビタミンEには皮膚の血行を良くし角質肥厚を防止する効果があります。

いかがでしたか?
冬になるとかかともガサガサしがちですが、ふとした時に見えたかかとがガサガサだと恥ずかしいですよね。
なかなか見えないところですが、しっかりケアしてツルツルかかと美人になりましょう!
関連キーワード

関連記事