お尻にニキビできてない?目指せ美ヒップ

お尻にニキビできてない?目指せ美ヒップ

お尻のニキビって繰り返してしまうことありますよね。顔にできるニキビと何か違うのでしょうか?

お尻にニキビができる原因

お尻にニキビができる原因はいくつかあります。

1.蒸れ
2.摩擦
3.体重などの増加
4.ホルモンバランスの崩れ
5.保湿不足による乾燥
6.体を洗うときに強くこする
7.シャンプー、リンス、ボディソープなどのすすぎ残し

顔のニキビと違うところは、お尻は下着などによる蒸れが起こりやすい状態にあるということです。
また、生理の時期はナプキンなどで蒸れや摩擦などが起き、ホルモンバランスも変化しますよね。この生理中に分泌される黄体ホルモンは男性ホルモンと似た働きをするため、皮脂を出しやすく、お尻にニキビができやすくなります。生理前や生理中に現れるお尻ニキビはホルモンバランスの変化が一番の原因と考えられています。

お尻のニキビケア

お尻にニキビができやすい人はお尻の皮膚が分厚く硬くなってしまっているかもしれません。そうなることで毛穴に皮脂や汚れが詰まりニキビができやすくなります。
自宅でできるピーリング材を使用して、優しく古い角質を取り除いてあげた後に保湿してください。保湿をすることで摩擦も起きにくくなるので、摩擦が原因の場合も有効的です。

次にホルモンバランスによるお尻のニキビケアですが、ストレスを溜め込まないこと、6時間以上の睡眠を取ること、バランスの良い食事を心がけてください。
・ビタミンC…赤パプリカ・アセロラジュースなど
・ビタミンB2…納豆・卵・まいたけなど
・ビタミンB6…まぐろ・にんにく・鶏肉など
・ビタミンA…ニンジン・ほうれん草・モロヘイヤなど
・コラーゲン…手羽先・鶏の皮・豚肉など
いつもより多めに摂ると肌の調子も良くなるかもしれません。
関連キーワード

関連記事