ポイントは48時間以内!『リセット術』で食べ過ぎても太らない!?

ポイントは48時間以内!『リセット術』で食べ過ぎても太らない!?

普段から食生活を意識していても「今日は食べ過ぎてしまった」と後悔する日もありますよね。そんな時どうしたら良いのか、リセット方法のご紹介です。

食べ過ぎた時は48時間でリセットできるかが重要

毎日の食事は、基本的には腹八分目が良いとされています。
しかし、たまには飲み会や食べ放題に行ったり、もしくは食欲が止まらずついつい食べ過ぎてしまった…と、そんな事もあるかと思います。
でも、すぐには慌てなくても大丈夫です。食べ過ぎをなかったことにできる、立て直すポイントがあります。

それは、食べ過ぎた後『48時間』の間に調整をすることです。
余分なエネルギーは、すぐに脂肪になる訳ではありません。
まず肝臓に運ばれ、そこで余分な糖質や脂肪が脂肪細胞として体に蓄えられ、余分なたんぱく質は尿として排出されます。
それまでにかかる時間が48時間だと言われています。
そのため、この48時間の間で食事を調整すれば、たとえ一日くらい食べ過ぎてしまってもリセットできるのです。

食べ過ぎをリセットする方法

【ポイント1】:摂取エネルギーのコントロール
食べ過ぎてしまった翌日は、食事量を減らしましょう。
特に主食である糖質をいつもり少なめにすることを意識し、摂取エネルギーを調整しましょう。

【ポイント2】:ビタミンB群を積極的に摂る
ビタミンB群は代謝を促す働きがあるので、ビタミンB群を多く含む食品(玄米・豚肉・マグロ・卵・納豆などの大豆製品・バナナ・牛乳など)を積極的に摂りましょう。

【ポイント3】:食事前に代謝を上げる
食事を摂る前に運動をすると、筋肉が熱を発散しエネルギー放射が続くため、ダイエット効果が高まります。
もちろん簡単にできることでOK。
・腕立て伏せやスクワット、階段の昇り下がりなどの簡単なエクササイズ
・ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動
これらの運動を少し取り入れるだけでも代謝がアップします。

この3つのポイントを意識すれば、食べ過ぎもリセットできます。
「しまった!食べ過ぎた」と思った時は、48時間以内にコントロールし、食べ過ぎをなかったことにしましょう。

関連記事