シャンプー後は乾燥する?髪の毛の乾燥を防ぐお風呂上がりの過ごし方

シャンプー後は乾燥する?髪の毛の乾燥を防ぐお風呂上がりの過ごし方

お風呂上り、髪のケアどうしていますか?お肌には急いでスキンケアが基本になっている方も多いと思いますが、肌と同様、髪の毛も乾燥してパサパサヘアーになってしまいます。お風呂上がりのちょっとした工夫で乾燥対策しちゃいましょう!

髪の毛の乾燥で老けて見えるって本当?

髪の毛が痛みや乾燥でパサパサしていたり、頭頂部やサイドのあほ毛が目立つと、実年齢より老けて見えてしまいます。
また、後頭部の寝癖や、明るすぎる髪色、カラーリングをさぼってプリンヘアーになってしまうと、生活感が出てしまい、少しマイナス印象になってしまいますよね。
髪の毛は顔の額縁です。フレーミングが悪いと、いくらお肌のお手入れやメイクを頑張っていても台無しになってしまいます!
特に、乾燥するこの季節は髪の毛がボサボサになりがちです。正しいケアで綺麗な髪の毛を保ちましょう!

乾燥から髪の毛を守るお風呂上がりの過ごし方

お風呂上がりの濡れた髪の毛、自然乾燥とドライヤー乾燥どちらが良いと思いますか?

答えは、ドライヤー乾燥です。

ドライヤーの熱風は髪にダメージを与えてしまいますが、自然乾燥だと、髪の毛のキューティクルが開いたままの無防備な状態です。
そのまま寝てしまうと、枕や寝具による摩擦で髪のキューティクルがどんどんはがれおちてしまい髪の毛もボロボロになります。
また、頭皮も濡れたままの状態だと、そこの雑菌が繁殖し、匂いやフケの原因になってしまいます。

お風呂上りに濡れたまま放置せず、頭皮と髪の毛をこすらず、優しくタオルドライしていきましょう。
その後、ドライヤーでしっかり乾かしましょう。

髪の毛はとにかくこすらず、ポンポンとテンポよく余分な水分をとり、ドライヤーの温風⇒冷風の順に乾かします。
冷風を最後にあてる事によってセット力が増し、翌朝楽にヘアセットができる上に、髪の毛もつやつやになります。
乾燥が気になる場合は、タオルドライ後にヘアオイルやヘアクリームなどでかるく保湿してからドライヤーで乾かすと効果的です。

髪の毛がパサパサで老けて見られる前にしっかり対策しましょうね。
関連キーワード

関連記事