騙されたと思って使ってみて!万能『ベビーオイル』でうるつやヘア!

騙されたと思って使ってみて!万能『ベビーオイル』でうるつやヘア!

顔やボディにはもちろんのこと、『ベビーオイル』はヘアケアや今話題のウェットヘア作りにも優秀なんです。みなさんもプチプラかつ万能なベビーオイルを上手に活用し、全身しっとりお肌&うるつや髪を目指してみませんか?

顔・ボディ・ヘアに!ベビーオイルを有効活用

ベビーオイルと言えば、赤ちゃんも使用可能なお肌に優しいオイルです。

保湿力が高く、お肌の潤いを守ってくれるベビーオイルですが、使ってみるとサラサラしていてベタつきがないのが特徴です。
オイルのベタベタ感が苦手な方もチャレンジしやすいオイルだと思います。

そして、このベビーオイルはなんとボディだけでなく髪にも多様できるほど優秀です。
今話題のウェットヘアでおフェロな雰囲気をつくり出すこともベビーオイルで簡単にできます。
では、ベビーオイルのいろいろな使い方を見てみましょう。

まずは、【顔・ボディ編】です。

♦︎クレンジングオイルとして
いつものクレンジングをベビーオイルに変えて使うのもOK。

♦︎バスタイムに
香り付きのベビーオイルを湯船に数滴入れると、アロマバスに早変わり。
リラックス効果が高まります。

♦︎マッサージに
マッサージオイルとして使えば、保湿しながらむくみを撃退できます。

ベビーオイルのヘアケア活用術!

続いて、【ヘア編】です。

♦︎ドライヤーの前に
ベビーオイルを濡れた毛先に、少量もみ込むようにつけてから乾かすとサラサラになります。

♦︎まとめ髪スタイリングに
ラフに巻いた髪にベビーオイルを薄くつけると、自分の髪が扱いやすくまとめ髪が簡単にできます。

♦︎注目のウェットヘアーも
基本的には、最後の仕上げとして使うので、コテを使って巻いたりハネさせた後に使います。ベビーオイルを少量手に取り、手のひらでよく伸ばします。
まずは全体にもみ込むとカールにツヤや動きが出ます。
さらに指先でねじったり、束感を出すようにすると自然なウェットヘアーがつくれます。

また、ポイント付けウェットヘアーは初心者さんにもオススメ。
顔まわりを中心に少量ずつつまみ、束感を意識して滑らすようにオイルをつけます。
ふわふわ感を残しつつ、ウェットな印象を与えられるので慣れていない方もチャレンジしやすいですよ!

♦︎頭皮マッサージで毛穴スッキリに
シャンプー前の濡らした髪に、少量のベビーオイルをなじませて頭皮をマッサージします。
毛穴につまった汚れや油が落ちてスッキリします。
あとは洗い流してから、通常のシャンプーを。

いかがでしょうか?
ボディやお顔はもちろん、ヘアケアまでできる優秀なベビーオイル、しかもプチプラというのも嬉しいですよね!
是非、一度騙されたと思って試してみてくださいね。
関連キーワード

関連記事