鼻も鍛えなければ衰える!加齢や習慣で鼻の穴が1.5倍に?! 

鼻も鍛えなければ衰える!加齢や習慣で鼻の穴が1.5倍に?! 

気が付いたら鼻の穴が大きくなっていた!なんてことになる前に、NG習慣をチェックして予防しましょう。鼻の穴を自力で小さくする方法もご紹介します。

鼻の穴を大きくしてしまう!こわ~いNG習慣

顔の真ん中にあり、印象を左右する「鼻」。
鼻の穴の大小で、見た目もガラリと変わってしまいます。近年の美の基準では、正面から鼻の穴があまり見えず、小さいことが理想とされているのだとか。

昔は小さかったはずの「鼻の穴」が、どんどん大きくなっているかも?! と感じている方もいるのではないでしょうか。
実は、加齢で鼻が下がることにより、小鼻が広がって大きくなるので、放っておくと鼻の穴が大きくなってしまうことがあるんです。

また、無意識に行ってしまっている習慣が原因になることも。
当てはまるものがないか、早速確認してみてください!

●口呼吸をしている
口呼吸を続けていると、口やアゴの筋肉が衰え、顔のたるみの原因となります。
顔全体がたるむと、小鼻もどんどん横に広がり、鼻の穴が大きくなるというわけです。

●鼻の穴に指を入れる
さすがに人前ではやらないと思いますが、鼻に指を入れてしまうクセがある人は気を付けてください。
無意識にやってしまっている場合が多いようです。

●鼻詰まりを放っておく
鼻詰まりを放置することは、鼻の形を悪くすることに繋がると言われています。
鼻に物が詰まった状態だと、小鼻が開いてしまうので、鼻が詰まりやすい人は気を付けましょう。

●鼻にティッシュを詰める
鼻血や鼻水が出た時に、ついついやってしまいがちなこの行為。
長時間鼻に物を詰めると、鼻の穴が大きくなる原因となります。

実践してみよう!自力で鼻の穴を小さくする方法

簡単なエクササイズを行うことで、鼻の穴を小さくすることが可能です!

◎片鼻呼吸
・片方の鼻の穴を指で閉じ、もう片方の鼻で息を吸う。息を吐く時は、口からゆっくりと吐く。(目安:左右各5分)
ポイントは、空気を吸い込む際に、鼻の穴を広げずに、「すぼめる」こと。
また、鼻だけの呼吸は逆効果になるので、きちんと口から息を吐くようにしてください。

◎小鼻の筋トレ
(1)指で鼻の穴を軽くつまむ。
(2)鼻から空気を吸い込むと同時に、指を離し、鼻の穴をすぼめた状態を一瞬キープ。(5回程繰り返す)
鼻は優しくつまむようにてください。また、このエクササイズについては、日を空けて行うようにし、やり過ぎには注意してください。

◎冷水で冷やす
コップに冷えた水を入れ、小鼻が冷たくなるまで冷やすという方法です。
保冷剤や冷たいタオルを使ってもOK!
鼻を冷やすことで、緩んだ鼻の筋肉が緊張するので、鼻の穴を引き締める効果が期待出来ます。

どれも簡単な方法なので、隙間時間に行ってみてくださいね!
関連キーワード

関連記事