美容のため健康のため、朝食で摂りたい食べ物を知っておこう!

美容のため健康のため、朝食で摂りたい食べ物を知っておこう!

一日の始まりは朝食を食べることから始まります!朝食を逃すとなんだか頭が冴えなかったら、力が出なかったり…、そんなことはありませんか?そんな方たちに美容のため健康のため、朝食で摂りたい食べ物を教えます。

朝食で積極的に摂りたい食べ物とは?

一日の始まりは朝食からです。
起きて、朝日を浴びてすっきりとした後食べる朝食はすごく美味しく感じませんか?
朝食を摂ることで、その日一日のエネルギーや栄養を身体に蓄えます。
日中、頭が冴えなかったり、昼食の前に空腹を感じてしまったり、そんなことはありませんか?
もしかしたら毎日の朝食で改善できるかもしれません。
是非、できる範囲から朝食を変えてみましょう。
そこで、初めに朝食で摂りたい食べ物をご紹介いたします。

・ バナナ
これは朝食として有名なのではないでしょうか?
バナナには集中力を高める効果があると言われています。
他にも脳や神経など、精神面を維持するために適した必須のミネラルを持っています。
そして、バナナの糖質は胃の中でゆっくりと消化されるようになっているため、朝食べることで午前中いっぱいは空腹になりにくいのも特徴です。

・ ナッツ類
時間がない!そんなときにもおすすめなのはナッツ類です。
ナッツ類を食べることで良質な脂肪分を体に摂取できます。また、血糖値を長期間維持するのも助けてくれると言われています。
他にもナッツは人間に満腹感を与え、空腹感をなかなか感じさせないような働きも持っていると言われています。

・ 複合糖質(全粒粉パン・おかゆなどの米類・オーツ麦フレーク等)
基本的に主食として食べるパンや米、朝食におすすめされているオーツ麦フレーク等たくさんもものが複合糖質と言われています。
これらにはエネルギーを安定供給するだけでなく、血流中の血糖(グルコース)をゆっくりと放出させます。
消化に時間も必要とされているため、長い間満腹感を感じることができ、膨張感も防いでくれると言われています。

以上3つほどご紹介させていただきました。
他にもたくさんおすすめしたい食べ物はありますが、時間がないときやそれら一つでも良い効果が得られるものを中心にご紹介いたしました。

朝食であまりおすすめしない食べ物とは?

それでは逆に、朝食に摂ることをおすすめしない食べ物もあるのでしょうか?
次に朝食で摂ることをおすすめしない食べ物をご紹介いたします。

・ 菓子パン
ドーナツ、デニッシュ、マフィンなども菓子パンの一つですね。
菓子パンは、砂糖、脂質、炭水化物等を多く含みます。しかし栄養価が高くありません。
また、エネルギーにならないので朝食として食べることはあまりおすすめできません。

・ ソーセージやハムなど加工された肉
ソーセージ、ハム、ベーコン等の加工された肉食べる機会も多いですね。
しかし、朝食べることで心臓病や循環器系の病気になりやすいと言われています。
毎朝食べるのではなく、週に数回と摂る機会を調節することをおすすめします。

・ オムレツ、スクランブルエッグ等卵料理
卵を朝摂ることはおすすめされています。
しかし、オムレツやスクランブルエッグ等を作る際大量の卵を使用してしまうと話は別です。
卵には脂質が豊富に含まれており、コレステロール値も高いと言われています。
身体のためにも摂ることはおすすめしたい食べ物ですが、大量の卵は使用しないようにしましょう。
目安は1~2個ほどと言われています。

おすすめしない食べ物も完全に除去する必要はありません。
しかし、毎朝摂ることはあまりおすすめできません。
自分に合った朝食を少し工夫するだけで変わります。
是非一度、朝食に目を向けてみてはいかがでしょうか?
関連キーワード

関連記事