これからが旬!牡蠣がもつ美容効果とは?

これからが旬!牡蠣がもつ美容効果とは?

これからが旬の牡蠣、皆さん一度は食べたことあるのではないでしょうか?その牡蠣が持つ美容効果、ご紹介いたします。

牡蠣に美容効果なんてあるの?

これからが旬の牡蠣。
「海のミルク」とも呼ばれるほど栄養価が高いことで有名ですね。
そんな牡蠣、美容効果もたくさん期待できるってご存知でしたか?
今回はその牡蠣について色々とご紹介させていただきます!

・ 亜鉛が豊富に含まれている
美肌作りに重要な亜鉛、しかし亜鉛が豊富に含まれている食べ物はあまり無いのが現実です。
しかし牡蠣にはその亜鉛が豊富に含まれています!
牡蠣には、亜鉛が豊富に含まれているといわれる豚肉の約3~5倍含まれていると言われています。
亜鉛は細胞分裂を活性させる効果を持っています。
皮膚の再生を助け、ターンオーバーを正常化してくれます。
美肌作りや肌荒れの改善、アンチエイジング効果やシミの改善が期待できますね。

・ ホルモンバランスを整える効果
牡蠣に豊富に含まれている亜鉛には、ホルモンの分泌を活性化させる効果があります。
亜鉛が不足してしまうとホルモンの生成が抑制されてしまうため、生理不順などになってしまうことも…。
そんな亜鉛不足の解消のために牡蠣は食べたいですね!

・ アミノ酸やビタミンなどの栄養も豊富に含まれている
牡蠣は亜鉛だけでなく、アミノ酸やビタミンなどの美肌成分も含まれています。
牡蠣に含まれるグリシンやアラニンなどのアミノ酸は、天然保湿成分の約40%を占めており皮膚の保湿や健康を保っています。
他にもビタミンB群が豊富に含まれています。
ビタミンB群には皮脂バランスを整え、肌荒れを改善する効果が期待されています。

牡蠣には美容に重要な成分がたくさん含まれていることがわかりました。
今年の冬は牡蠣を積極的に食べたいですね!

牡蠣を使った簡単レシピ!

牡蠣にはたくさんの美容効果があることがわかりました。
しかし、牡蠣を使った料理を自宅で作るとなると…、そこで簡単に美味しく作れる牡蠣レシピをご紹介いたします!

○牡蠣の甘辛焼き
・牡蠣    10個
・ねぎ    1/2本
・しめじ   1/2パック
・片栗粉   適量
・サラダ油  適量
◎醤油   大さじ1
◎酒     大さじ2
◎みりん  大さじ1
◎砂糖   大さじ1

砂糖の代わりにみりんを少し多めにしても美味しいです。
お好みでねぎ、きのこ以外の材料を入れても美味しくなります!

1. ねぎ、しめじは一口サイズにします。
2. 牡蠣、ねぎ、しめじに軽く片栗粉をまぶします。
3. ◎の調味料はあらかじめ混ぜておきます。
4. サラダ油を入れたフライパンを熱します。十分に熱されたら牡蠣、ねぎ、しめじを入れ軽く炒めます。
5. ある程度火が通ってきたら、あらかじめ混ぜておいた◎の調味料を入れ絡めるように炒めます。
6. 具材に火が通ったら完成です!

少し味を濃い目にすればご飯のお供にも最適です!
野菜もお好みで変えてみてください。

また、牡蠣には生食と加熱用がありますが、生食はしないので加熱用のもので大丈夫です。
気を付けなければいけないノロウイルスはよく加熱することでリスクは減ります。
よく火を通して食べるようにしましょう!



関連キーワード

関連記事