乾燥や肌荒れが気になる!潤い効果抜群のシートマスクの使い方

乾燥や肌荒れが気になる!潤い効果抜群のシートマスクの使い方

普段なんとなく使っているシートマスクですが、間違った方法で使い続けると、肌荒れの原因になってしまうってご存知でしたか?

肌荒れ予防に!シートマスクの効果的な使い方

シートマスクを使用するタイミングは、大事なイベントの前や時間に余裕がある日の夜など、人によって様々だと思いますが、注意してほしいタイミングがひとつあります。
それは、肌荒れをしているときです。シートマスクは、肌荒れを改善するというよりも、肌荒れを予防するために使用するのが一般的なようです。
肌トラブルが起きているときにシートマスクを使用すると、成分が強すぎたり、剥がすときに傷をつくってしまいがち。素肌の状態が良いときに、それをキープするためや、より美しさを引き出すために使用するのが効果的です。
また、極度に肌が乾燥している時も、美容成分が刺激になったりしてしまう可能性があるので、保湿成分のみがたっぷり入ったものなど、シンプルなものを選ぶようにしましょうね。

肌の調子が良くなる生理後~1週間の間に取り入れると、シートマスクの効果は抜群です!

シートマスクの注意点

【お風呂での使用はNG】
シートマスクは、湯船に浸かって毛穴が開いているときに使うと効果が倍増するのではないか…と、期待してしまいがちですが、実は、入浴中に使うことは好ましくありません。
お風呂は老廃物を洗い流すタイミングですので、そんなときにシートマスクを使うと、美容成分が浸透しないだけでなく、お肌のデトックスを邪魔してしまいます。
また、シートマスクでふたをしてしまうことで、本来排出したいはずの老廃物を含んだ汗が再び肌に戻ってしまうおそれもあります。
入浴の後の、肌のきれいな状態に使用するのがポイントですよ。

【乾くまで肌に乗せっぱなしはNG】
長い時間であればあるほど効果があると考える人や、シートマスクをつけたまま寝てしまう人もいるそうですが、シートが乾いてしまうと肌の水分を吸収してしまうので、反対に肌の乾燥を招いてしまいます。
シートマスクを顔にのせたら乾かないうちにとりましょう。商品説明に記載されている推奨時間を守るように心がけてくださいね。


シートマスクを使用した後は、潤った肌にはクリームでふたをして、水分を逃がさないようにしましょう。
関連キーワード

関連記事