その下着大丈夫?体に合ったブラとショーツで理想の体型に

その下着大丈夫?体に合ったブラとショーツで理想の体型に

女性の体型の曲がり角である20代後半から30代のうちに、体に合った下着を毎日身に付けて、美しいプロポーションをつくりましょう。

体に合わない下着はやめて、理想の体型を目指そう

カラーやデザイン等、気に入ったものを見た目で選びたいというのが女心ですが、実は、下着こそ美しいプロポーション作りの土台となる重要なアイテムなんです。

【サイズの合わないブラジャー】
・バストの脂肪が背中や脇へ流れてしまう
・トップの位置が低くなり垂れて見えてしまう
・アンダーがきついと血行が悪くなり、胸の発育を妨げる
ブラジャーをいい加減に選んでいると、体型も崩れてしまうことになるんです。

【サイズの合わないショーツ】
実際より小さめサイズの場合、無理に生地を伸ばして履いているため、生地が元に戻ろうとする力でウエストや太ももの付け根が圧迫されてしまいます。
リンパや血液の循環が悪くなり、便秘やむくみ、太ももの付け根の黒ずみの原因にもつながってしまいます。
大きめサイズの場合は、脂肪をホールドする力がまったくないので、脂肪はどんどん垂れ下がってしまいます。
また、サイズ合わないものを長期間着用し続けると、脂肪が下垂して太ももへと流れて行き、太ももが大きくなってしまいます。

合わないショーツを履き続けると「おばさん体型」につながってしまうので要注意です。

下着の買い方とポイント

ブラジャーの買い方のポイントをまとめてみました。

・下着専門店で買う
・専門のフィッターに測ってもらう
・生理が終わった後に行く

専門店であれば、サイズ計測の知識を持ったフィッターがいるはずです。ブラジャーサイズは自己判断ではなく、専門のフィッターに測ったもらうのが安心ですよ。
また、生理前は胸が張ってサイズが変わる人もいるので「生理が終わった後に行く」のがオススメです。
全く違和感を感じない方もいますが、ホルモンの関係で全身がむくむ傾向があるので、生理前のサイズ計測は避ける方が無難です。
つけ心地については、以下のポイントを目安にしてみてください。

・肩ひもに指1本分の余裕がある
・ブラジャーの中心が浮いていない
・アンダーのバンドが胴体に食い込んでいない
・ワイヤーが胸に食い込んでいない
・胸の肉がカップに綺麗に収まっている
・腕を上げ下げしてもずれない

このうち、どれか1つでもひっかかる部分があれば、店員さんに伝えて、しっかりとフィットするブラを探してもらいましょう。
関連キーワード

関連記事