その下着で大丈夫?サイズの合わない下着が身体に与える悪影響

その下着で大丈夫?サイズの合わない下着が身体に与える悪影響

あなたは、自分の身体に合った下着を着けていますか?身体のサイズは常に変化しています。しばらくサイズを見直していない...という方は要注意!合わない下着は、様々な悪影響を身体に与えます。正しい下着選びで、美Bodyを手に入れましょう!

サイズの合わない下着が身体に与える悪影響とは?

毎日身に付ける下着。何となくで下着のサイズを選んでいる方も多いのでは?
ブラジャーにおいては、実際に九割近くの女性が、正しいサイズを選べていないのだそう。
身体のサイズは年々変化するので、こまめな採寸が必要になります。

また、合わないサイズの下着を着けていると、身体に様々な悪影響を与えてしまいます。

【締め付けによる肌へのストレス】
きつい下着を長時間身に付けると、筋肉が緊張や疲労を感じます。
それが大きなストレスとなり、自律神経の乱れを引き起こしてしまいます。
冷え性・頭痛・むくみや肌荒れなどの症状がある人は、自律神経の乱れから来ているものかもしれません。

【姿勢が悪くなる】
サイズの合っていないブラジャーは、猫背や腰痛の原因となります。
身体に合ったサイズのものを着けると、自然に姿勢も良くなるんですよ!
肩紐を短くして着けているブラジャーも要注意です。

【お肌の黒ずみ・ニキビ】
締め付けの強い下着は、肌との摩擦が起こりやすく、肌の黒ずみやニキビの原因になります。

【ボディーラインの崩れ】
サイズの合っていない下着は、身体を締め付け、血液やリンパが流れが悪くなる為、老廃物が溜まります。
特にブラジャーの場合は、身体に合わないサイズをつけていると、胸がしっかり固定されず、脂肪が胸から流れ出すので、「むだ肉」として脇の下や背中に脂肪がついてしまいます。

身体に合った下着を選んで美Bodyに!下着選びのコツ

◎バストのサイズを、正しく測ってもらう
昔、測定したサイズの下着を、何年も着けていたりしませんか?
バストはとても柔軟性がある為、少しの体重の変化や年齢によって、常に変化しています。
その為、ブラジャーを購入する度に測定しなければ、サイズの合わないブラジャーを選んでしまうことになるかもしれません。

◎必ず試着をする
同じサイズでも、メーカーやブランドによって異なります。
また、下着のサイズは一つの目安にしか過ぎないので、体にフィットするものを、実際に試着して選ぶようにしましょう。

◎肌に優しい素材の下着を選ぶ
化学繊維を使った下着は、通気性が悪く、摩擦も起こりやすい為、肌トラブルが起こりやすく、肌にも負担がかかります。
オーガニックコットンやシルクなどの素材で出来たものがオススメ。

◎ゴムの締め付けが強い下着は避ける
足の付け根やウエストのゴムの締め付けは、体のむくみや黒ずみの原因に。
ゴムを使わないショーツを探すのは難しいですが、大きめのサイズを選ぶことで、肌への負担を減らすことが出来ます。
シームレスタイプのものや、ゴム部分がレースになっているものが、締め付けが少なくオススメです。

身体が悪影響を受けないよう、正しいサイズの下着を選んで、美Bodyに近づきましょう!
関連キーワード

関連記事